こちらデイリー4コマ編集部です。

今回はGoogle Analyticsを利用したクリックカウントの取り方におけるちょっとしたコツについてお話ししたいと思います。

Google Analyticsはページ内に集計用のコードを貼り付けるだけで、業務用としても耐えられる、様々なアクセス解析できる優れもののツールではありますが、ただそれだけでは少々もったいないです。一つの機能としてクリックカウントを使ってみましょう。

例えば
<a href="http://www.livedoor.com/">livedoor</a>
というリンクがあったとします。このリンクが果たしてどれだけクリックされているかを知るために、以下のようにリンクに細工を施します。

<a href="http://www.livedoor.com/" onClick="javascript:urchinTracker('/livedoor_logo');">livedoor</a>

こうすることによって、Google Analyticsの管理画面上では、/livedoor_logo というURLでクリックカウントが取れます。/livedoor_logo というページが存在している必要性はありません。あくまでも”仮想のURL”としてアクセスが記録されることとなります。

配置例さて、これだけではまだまだです。単純にサイト内の移動を追うなら「ナビゲーションサマリー」や「ページ遷移」がありますので、どういうときに威力を発揮するかというと、例えば図のようにサイトが構成されていたとします。

headerにもmainにもlivedoorへのリンクがあった場合、ナビゲーションサマリーやページ遷移ではどちらのリンクがクリックされたかわかりません。こういうときはそれぞれのリンクに/header/livedoor、/main/livedoor と分けてクリックカウントの仕組みを入れておくと、どちらがクリックされたかすぐわかります。

また、ディレクトリを仮想で切ることによって、それぞれのエリアごとのクリック数というのも簡単に計測することができます。この仮想ディレクトリは別に1階層だけでなく、深く設定することもできますので、クリックカウントをサイト上のリンクに設定する場合は予め設計を考えておくとがベストです。仮想URLだけにいくらでも切り替えることはできますが、Google Analytics上で、仮想URL同士のアクセス数の和を求めることはできません。

表現としてはクリックカウント、と、ここでは述べていますが、リンクだけではなく、ボタンクリックなどどのアクションにも紐づけられます。例としてデイリー4コマでは、PVだけではページを見ただけで実際に最終コマまで読んだかどうかわからないので、その判別用に最終コマまで読んだ数をカウントして作品毎の数値を出していたり、広告の最終コマをクリックして次のページに遷移した数なども計測するようにしています。

細かくユーザ動向を確認するための一歩踏み込んだアクセス解析が、サイトのクオリティ向上につながります。そんなユーザ動向を4コマ作品1つずつに一喜一憂してくれるディレクター(アシスタントでもOK)をデイリー4コマ編集部では切に募集しています。