こんにちは、フレパ担当のandyです。
今回は、「livedoorのディレクターに聞いた! 自分が勉強するために読んだ本・雑誌」をまとめてみました。
何から勉強すればいいのか分からない人は、まずとっかかりとして手に触れてみてはいかがでしょうか。


【WEBディレクション】
だから、Webディレクターはやめられない―できるWebディレクターの成功戦略

思わずうなづいてしまう体験談が満載です。初心に戻りたい時に読むと効果抜群。
できるウェブディレクターが日頃何を考えて生活しているのかが分かります。


Webディレクション教科書

ウェブサイトを作る上で基本的な事をまとめた入門書。
オススメ本の紹介など、まさに教科書。



プロジェクト始動からサイトの設計・構築まで Webディレクション標準ガイド

こちらも、教科書的内容。
1つのテーマに対していくつかの具体的な考え方、事例やサンプル書式を紹介してあり、『Webディレクション教科書』より実践向きの内容となっています。


【デザイン】
Webデザインユーザビリティ (ウェブクリエーターズバイブルシリーズ)

若干情報が古いが、ユーザビリティを考えるための入門書。
イラストが多くて分かりやすいです。


ディフェンシブ・ウェブデザインの技術―「うまくいかないとき」に備えたデザイン、「上手に」間違えるためのデザイン (Web designing books)

なじみ深いサイトの良い例、悪い例を取り上げています。
デザイナーの為のデザイン本というより、ディレクターがデザインを依頼する際に役立つ本です。


【文章】
記者ハンドブック -新聞用字用語集 第10版-

新聞用語の基本的なルールがまとめて収録されています。
「迷ったら、ひらがなで書け」など、意外と知らなかったコツも勉強になります。


【サーバ】
これならわかるサーバ 入門の入門



【モバイル】
モバゲータウンがすごい理由 ~オジサンにはわからない、ケータイ・コンテンツ成功の秘けつ~

PCサイトとケータイサイトの相違点など、人気サービス関係者のコメント付きで分かりやすく解説されています。


【雑誌】

MdN (エムディーエヌ) 2008年 01月号 [雑誌]


足りない知識はまず本を読むことで補完し、吸収している人がライブドアでは多く存在します。広く知識が求められるウェブディレクターですが、自分の弱点を見つけて少しずつ克服していきたいですね。
ライブドアでは「本読むどころか、本書きました」というディレクターを募集しています。