はじめまして。『livedoor レンタル掲示板』を担当している佐藤です。

皆さんはご利用のウェブサービスで「規制設定」をしたことはありますか?「規制設定」というと何か難しい言葉のように聞こえるかもしれませんが、ブログのコメントやトラックバックについて設定したことがある人は多いのではないでしょうか。これらも「規制設定」の一種です。

今回はレンタル掲示板を運営する上で必要不可欠な「スパム対策」について紹介いたします。アダルトサイトへの広告リンクや、金融、ウェブビジネス、ゲーム攻略サイトを装いユーザー情報を不当に得ようとするリンク、不適切と思われる投稿は運営側が削除していくわけですが、毎時間大量に投稿される為、削除する行為自体にウンザリするほどです。

「スパム(spam)」とは主に「欲しくも無いのに大量に送りつけられるモノの通称」という意味です。

livedoorにはユーザーが書き込めるサービスが数多く存在します。『livedoor Blog』、『nowa』、『フレパ』などでは、記事へのコメントやトラックバック、『レンタル掲示板』ではスレッドをたて、投稿に対してコメント(レス)することができます。その投稿システムを使い、スパムを広範囲に投稿していく悪質行為を私たちは「投稿スパム」と呼び、日々対策を練っております。

ただ、ここでポイントになるのは「投稿スパム」と「迷惑投稿」は似て非なるモノだということです。「自分には必要無い内容だからこういった投稿を制限してくれ!」といった要望を頻繁にいただきますが、違和感のある個別の投稿は各ユーザーさん側で規制設定をしていただくことが最善だと考えています。なぜなら、あくまでも“無差別に大量に送られるもの”に関しては、運営側で対策を講じるべきと考えますが、“個人によって判断の分かれるもの”に関しては、運営側が介入すべきではないと考える為です。

では、私達がどのような対策をしているのか、具体的な例をあげながら紹介していきましょう。

(1)連続投稿規制
一定時間内に一定数以上の投稿があった場合
一定期間内、投稿できなくなる規制。

(2)共通NGサイト・ワード規制
過去に迷惑行為があったサイトや文字列を含んだ投稿ができなくする規制。


システムによる規制に関しては、この2つに大別されます。
(1)は「ホスト規制」であり、(2)は「ワード規制」です。その先は、更に細分化されていて、(1)と(2)を組み合わせた規制もしています。

まず(1)に関してですが、『livedoor レンタル掲示板』のように、多数のユーザーが利用するサービスでは以下のような規制設定が存在します。

同一人物(IP番号より特定)の連続投稿を制限する規制。
設定秒数以内に2回以上レスすると警告される。
5回の警告後は以後同一サーバでの投稿を最大1時間受け付けない。


つまり、1分間に1000コメント程投稿する迷惑投稿も、6個目のコメント以降は規制解除されるまで一切投稿出来ないという仕組みです。

例えば、過去のある一定期間内にどれだけ投稿アクセスをおこなっているかを集計し、その数値を元に以後どれだけの時間を規制するかを自動的に設定します。
概説すると、その数値が2桁なら30分間、3桁なら6時間、4桁なら24時間というような感じです。さらに定期的に集計がおこなわれ、悪質なホストは常に集計以後24時間投稿がおこなえないようになっているのです。

※上記のしきい値や設定時間は、実際のものと異なります。
※livedoorで行っている検出方法や規制に適用されるしきい値は、悪質な投稿者対策のため、一切公表しておりません。

(2)に関しては、同一投稿文章を検出して、一時的に文字列(URL含む)や文章自体を「NGワード」に設定し、規制解除まで一切投稿できないようにする仕組みです。

この規制はかなり慎重で、規制を強化すると悪意のない一般利用者にまで影響が出てしまう事があります。例えば、注目キーワード的な文字列が規制対象になってしまい、一般のユーザーの投稿が規制されてしまう恐れもあるのです。

※livedoorで行っている検出方法や規制に適用されるしきい値は、広告投稿業者対策の為に一切公表出来ません。

楽しく安全にウェブサービスを使っていただく為に、以上のポイントを踏まえlivedoorでは悪質な投稿からユーザーを守る為、日々努力しています。ライブドアでは、「ネットのセキュリティは私が守る!」という正義感の強いディレクターを募集しています。