こんにちは。『livedoor Blog』担当の早岡です。

どのサービスにおいても開発・運用の「タスク優先順位」が存在します。サービスの規模が大きくなればなるほど、ディレクターはタスクの“交通整理”に頭を悩ますことになります。今回は『livedoor Blog』を開発・運用していくにあたって、私がどの様な形でタスク整理をしているかを書きたいと思います。

■プロジェクトの種類を分ける。

livedoor Blog』のプロジェクトは大きく3つのタイプに分類されます。

(1) 収益重視のプロジェクト
 コンテンツ連動型広告や、他媒体とのタイアップなど「お金に直結するタスク」がここに含まれます。

(2) ユーザー満足度向上のためのプロジェクト
 「どういう機能を追加すればもっと便利になるか」「ユーザーの要望に応えるにはどうしたらよいか」といったタスクがここに含まれます。
 
 ※現在は「fixdap」というBTS(Bug Tracking System)サービスを利用して、livedoor Blogへの要望・アイデア募集を行っております

(3)サービスを持続させるためのプロジェクト
 ここはサーバ関係など、主にインフラ面が該当します。5年、10年続くサービスを開発するためには常に考慮すべき部分です。

これら3つの大きな柱の下に、各種タスクがぶらさがっているわけですが、いかにバランスよく、かつ、適切なタイミングで遂行できるかは、ディレクターのさじ加減が重要になります。

(1)のような収益直結型タスクは、売上げが目に見えてわかるため、ついつい目先の利益を追い求めて、飛びついてしまいがちです。
しかし、「ただ、儲かればいいのか?」と言うと、そういうわけではありません。

すべてのサービスは、ユーザーあってのものですので、ユーザーが満足してくれるようなタスクを進行させていく必要があります。さらに、潤滑なサービスを維持するためには随時メンテナンスをする必要もあります。

そこで、「じゃあ、どれが一番優先すべき事項なの?」という疑問が当然生じてきます。

よくある失敗は、「ディレクターの中では何となくタスクの優先順位は決まっているのだけれども、それが開発・営業スタッフに伝わっていない」といった状況。明確な優先順位が決まらないから、タスクがどれも中途半端になる・・・といったこの悪循環を避けるためにも、各タスクの順位を整理する必要があります。


■タスクの種類を色分けでわかりやすく。

タスクの優先順位を付ける際、私は「視覚的に整理する」ことを心がけています。

タスク管理表

この表では、
オレンジの部分が「ユーザー満足度向上のためのプロジェクト」
灰色の部分が「収益化のためのプロジェクト」
ピンクの部分が「サービスを持続させるためのプロジェクト」
と分類されています。
※未公開の情報も含まれているので、あえて見づらくしています。ご了承ください。

各プロジェクト内のタスク進行期間、状況などを簡単に書き込み、「いま何が動いているか」をわかりやすくすることによって、全体のリソース管理や次フェーズの予定が立てやすいようにしています。

ディレクターもプログラマーも、『livedoor Blog』以外のサービスを平行して担当しているため、ほかの担当者とリソース調整の話をする必要があるのですが、その際、詳細を説明しなくても「この時期が忙しいです」「このタスクを優先したい」と表を指し示せば話が早いです。

また、先ほど述べた「3つの柱」をバランスよく進められているか、ということも一目でわかりますので、特定の分野に開発がかたよるということもありません。

定例で行われるミーティングでは、この表を基に「じゃあ、次はこれをやりたいね!」という提案や、「この辺を頑張った方がいいんじゃないか」といった反省を含め進行します。
(細かいタスク毎の進行管理は社内BTSやメールなどで行っています)

■まとめ

livedoor Blog』の開発には多くの人が関わっています。
それだけに全体のタスクがどうなっているか、目指している方向性にブレはないか、などをメンバー間で常に共有しておく必要があります。
もちろん、タスクの重要度は時と場合によって常に変化するものですし、突発的なタスク(障害対応など)が発生し、全体のスケジュールに影響を及ぼすこともあります。だからこそ、細かい文字の羅列したスケジュール表よりも、パッと見てわかる視覚的に整理された表が必要とされるのではないかと思っています。

サービスの開発・運用のスケジュールを決めるのはディレクターの仕事ですが、ディレクターの意見だけで決定するのではなく、開発スタッフの意見も大切になります。
特にプログラマーからは「このタスクとそのタスクは一緒に作業すると効率がよい」といった意見が出ることがあります。その為、ディレクターだけでスケジュールを考えるよりも、良い結果が生まれることが多いです。
求められるのは「全員がわかりやすいようにタスクを整理しておくこと」であり、それはディレクターとして重要な役割のひとつであると言えます。

タスクの整理方法には、様々な種類がありますが、もし「これは便利!」という方法があれば是非教えてください!