こんにちは、櫛井です。
今回は正規表現について少しだけお届けしてみたいと思います。

限りなくシンプルにまとめてみますのでエンジニアな方には全く必要ない内容ですが、入門用として隣で一生懸命コピペを連打しているディレクターなどに教えてあげてください。

■正規表現ってなに?


端的に言えば、「いくつかの文字列を一つの形式で表現するための表現方法」です。
サルにもわかる正規表現入門

とあるように、一定の条件で書かれた文字列を簡単に特定する方法です。
簡単と書きましたが、すいません、嘘です。非常に奥が深いので私は入り口あたりで挫折したままです。「正規表現をつかおう!」なんて言ってしまいましたが、私が知ってるのはたった2つだけです。


■たった2つの正規表現


「そんなの正規表現っていえないよ!」というツッコミが目に浮かぶようですが、私が使っているのはこの2つだけです。
 \n
 \t

これだけです。
 \n は「改行」で、 \t は「タブ」を意味し、windowsでは「円マーク」+アルファベットという指定方法になります。
いずれもエクセルでは非常によく出てくるもので、今回は「改行」のみで紹介したいと思います。


■使用例 その1


「名簿(エクセル)にあるメールアドレスを使って一斉にメールを送っといて!」
と言われて、1つ1つのセルからコピー&ペーストして、複数の人に送るからメールアドレスごとにカンマを入れて・・・って、あぁ!めんどくさい!! という時に重宝する方法です。

ここでは「改行をカンマに置換」というのをやってみます。

1.まずエクセルにあるメールアドレスをコピー
1_1

aaaaa@example.com
bbbbb@example.com
ccccc@example.com
ddddd@example.com
eeeee@example.com
xxxxx@example.com
yyyyy@example.com
zzzzz@example.com
という文字列です。


2.テキストエディタにペースト
正規表現が使えるテキストエディタは「秀丸エディタ」や「サクラエディタ」などがあります
1_2



3.置換したい範囲を選択し「置換」をえらぶ
1_3


4.置換したい文字列と置換後の内容を指定する
ここでは、「検索」に \n(改行) を指定し、「置換」に ,(カンマ)
という指定をします。「正規表現」にチェックを入れてください。
1_4


5.実行
「全置換」を押すと置換されます
1_5


6.メール作成の宛先にペーストして完成
1_6




■使用例 その2


HTMLのソースや調査資料などをコピー&ペーストしていると、余分な改行がある場合があります。そんなとき、無駄な改行を無くしたい!ですよね。例えばこういうの。
AAA要素



BBB要素

CCC要素




DDD要素


勘の鋭い方はもうおわかりかも知れませんが、こういった場合は先ほどの「改行」を正規表現で置換してやります。

1.エディタに貼る
2_1


2.置換したい文字列と置換後の内容を指定する
ここでは、「検索」に \n\n(改行2つ) を指定し、「置換」に \n(改行)という指定をします。改行2つを改行1つにしてね、ってことです。
2_2


3.置換されました
2_3


4.まだ終わってないので、もう一度
2_4


5.何度か繰り返して完成
2_5


今回の例では余分な改行が少ないので手でやったほうが早いですが
これが数万行のデータであれば正規表現で置換したほうが早いですね。

※使用しているエディタは「秀丸エディタ」です

■まとめ


改行を消したり何かを追加したりという作業を、いちいち手でやるのは単純すぎてミスをしやすいものです。ソフトウェアで確実にカバーできるものはどんどん利用して、時間を節約してミスを少なくしていければよいですよね。


というわけで、ライブドアでは効率を重視するディレクターを募集しております。