数ヶ月ぶりのディレクターブログに参上したトレビアンニュース担当です。
月日は長いものでディレクターブログを書いていない間にあんなことやこんなことがありました。
例えばトレビアンGAMEからゲームニュースだけを切り離した『ゲーム×コンボ』ができたり、そのゲーム×コンボが某SNSに配信開始されたりと。

でも今回はトレビアンニュースのお話しではなく、私が普段見ている“ニュースサイトの特性”を紹介したいと思います。


J-CAST …… 電話取材が得意。とりあえず記事を速く上げる。後追いも得意でそのままでは無く追加情報を載っけてくるのが特徴。
ITmedia …… 実はそんなに大人数じゃない。インタビュー記事からネットで拾ってきた記事まで幅広く扱う。
インプレス …… デジモノに関してはここ。何故かカメラやゲームの情報に長けている。1つのポータル。
産経 …… 写真が面白い。特にスポーツの写真。狙ったかのような面白い写真が毎回掲載される。狙ってるでしょ……。
Techinsight …… 「イタすぎるセレブ達」で有名なテックインサイト。芸能からネットサブカルチャーまで幅広い。
Gizmodo Japan …… ガジェット系情報サイトではおそらく情報が一番多い。毎日面白いグッズをよく探してくるなあと関心。
ガジェット通信 …… 昨年末にオープンしたてのニュースサイト。ガジェット通信という名だがガジェットを扱うことは希。芸能やネット炎上に強い。ここも電話取材主体。
痛いニュース…… ニュースサイトというか唯一ブログなわけですが、PVは圧倒的に上位。ココの管理者が選ぶ記事は2ちゃんねるニュース速報、及びニュース速報+板より選ばれ、ソースのある記事が前提となる。トレビアンニュースとゲーム×コンボも取り上げられたことがあるのだが、ここに載ると反響が素晴らしい。中国、ゲーム、政治、芸能とモンスターペアレントなどといったネチズンが騒ぎそうなネタを上手に引っ張ってくるあたりが賢すぎる。
アキバブログ …… アキバを紹介するブログ。主に店舗に置いてある商品を紹介する。アダルトな内容もあるがそれがまたウケたりする。
さぶかるちゃん …… 何故かページランクが6という凄いサイト。

と、数々のニュースサイトがあるわけですが、みなさんは毎日上記を意識して記事を読んでますか? それぞれのニュースサイトはこのような特性があると思ってください。
では、以下の様に読む側を振り分けてみたいと思います。

IT系記事を読みたいなあ → インプレス、ITmedia、Techinsight、ガジェット通信、Gizmodo Japan、CNET Japan、Engadget Japanese
流行りの情報をいち早く取り入れたい → Gizmodo Japan、ITmedia、ガジェット通信
ガジェット情報大好き → Engadget Japanese、Gizmodo Japan
ニュースに対する世論の声も聞いてみたいなあ → 痛いニュース
アングラ情報大好き → ザイーガ
海外のオモシロネタを見たい → らばQ、Gizmodo Japan、CNET Japan
まんべんなく情報を仕入れたい → J-CAST、産経、読売、iza!
ゴシップ記事大好き → zakzak、探偵ファイル
アキバ情報を読みたい → アキバブログ、moeyo.com、アキバ経済新聞、ダニー・チュー: ジャパンの文化を世界に広めよ

上記のサイトをカテゴリ分けして効率よく読むにはどうしたらいいのか? RSSリーダーを使うことをお薦めします。
ライブドアにも『livedoor Reader』という便利なRSSリーダーサービスがあるので上記の様に振り分けてみてはどうでしょうか?

ちなみに私は「よく見る」、「一般紙」、「アキバ」、「ポータル」という風に分けてます。


では最後に読む側の違いを紹介したいと思います。
ゲーム×コンボの先日の記事ですがライブドアニュースとmixiニュースに配信し『痛いニュース』にも取り上げられました。
それを見るとコメント欄が大きく異なることに発見。

その記事は“続編を期待するゲーム1位は! あんなゲームがランクイン!?”という記事です。
ライブドアニュースのコメント(コメント件数6)
http://news.livedoor.com/comment/list/4099340/
mixiニュースのコメント(コメント件数158)
http://news.mixi.jp/list_quote_diary.pl?id=801730
痛いニュースの2ちゃんねるの反応
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1246691.html

見て貰えば分かるのですが、ライブドアはコメントがやや辛口、mixiコメント(日記)はマイルドなコメント、2ちゃんねるの反応に至っては言いたい放題といった感じでしょうか。
どれが良い悪いではなく全て特徴のあるコメントで面白く読めるなあと関心。
個人的に読んでいて面白いのは痛いニュースですね。みんな正直に書いてくれますし。

で、トレビアンニュースとしては上記で紹介したニュースサイトと違う切り口でオモしろネタを紹介できるように工夫してます。
被っても良いので違う切り口で。これ大事ですね。
例えば“『もえるゴミぶくろ』の制作者インタビュー! 「燃やせないのは想定済み」”という記事があるんですが、散々取り上げられた後なんですね。
じゃあトレビアンでどう記事にしようかと思い、実際に制作した方にあってきました。まだどこもインタビューは行っていないので面白いネタが引き出せる可能性があります。

どこのサイトも違う切り口で狙ってくるのでさらに斜めを行った方向から攻めないと読者は食いついてくれないです。
これはトレビアンニュース、ゲーム×コンボ共に心がけていることで、もし今後トレビアンニュースとゲーム×コンボを見る機会があったらその辺を気にして読んで見てください。