こんにちわ。ポータルグループの春名です。
私は現在、BLOGOS(ブロゴス)の開発ディレクターを担当しています。

blogos_top3

BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ、日本が変わる。


BLOGOSとは?


良質な時事分析やオピニオンを含むブログを整理・紹介して、「情報発信・議論のきっかけを作る」ことを目的として2009年10月にオープンしたサイトです。

先日、BLOGOSは今までの「読むためだけのニュースメディア」から「参加・議論するコミュニティ」に進化をすべく検討期間2ヶ月、開発・検証期間5ヶ月を経て、一大リニューアルを行いました。

BLOGOSとは - BLOGOS(ブロゴス)

この記事では、新しいBLOGOSがミッションの一つに掲げた「建設的な議論が行われ、“提言”が生まれる場を目指す」を実現するために、どうアプローチしたかを紹介いたします。


メディア要素だけではなく、コミュニティ要素も


弊社ブログメディア室長の田端信太郎が提案した「ネットサービスの3原色」という概念があります。

blogos_3gensoku

via TABLOG:全てのネットサービスを構成する「サービスの3原色」とは?

これからのBLOGOSはどのポジションを目指すのか?チームでの検討の末、私たちは今回のリニューアルで、不特定多数の情報の受信者と送信者が交流する「コミュニティ要素」を取り入れることを決定しました。

しかしコミュニティと一口に言っても、サイトに単純なコメント機能をつけただけでは建設的な議論が行われないことは自明です。実際、リニューアル前のBLOGOSでは意味のないコメントで溢れてしまうことが多くありました。

そこで私たちはもう一歩踏み込んで、「インターネット上で建設的な議論を起こすにはどうすれば良いか?」という問題について十分に検討を重ねて以下の仮説とそれに対応する機能を組み立てました。


建設的な議論を行うのに必要な仮説とその解決機能



仮説・条件解決する機能
実名・匿名は問わず(逆に、混ざる方が良い)自由な発言ができるようにするBLOGOSとして本名・ニックネームどちらを名乗るかは強制しない
匿名のアカウントにもアイデンティティを持たせる必要があるBLOGOS内でのアクティビティがわかるプロフィールページを設置する
気の合う人と意見共有もできるユーザー同士のフォロー機能とプロフィールの公開範囲を指定できるコメント機能
反対意見や間違いの指摘をしやすくする匿名でのコメントや違反を通知する機能
少数派でも意見を書きやすいようにする価値ある意見へ評価を可視化する「支持する」機能


blogos_profile
▲プロフィールページ

blogos_my
▲マイページ・タイムライン

blogos_public
▲意見(コメント)のプロフィールの公開範囲設定

blogos_comment
▲「支持する」ボタン

もちろん、仕組みや機能だけで建設的な議論ができる場所が作り出せるわけではありません。

これらの新機能は、サイト内での適切な説明やモデレーション、効果的なプロモーション、日々の編集による話題づくりやユーザーとの対話など、様々な運用とセットで、建設的な議論を行える場を実現すべく、リニューアル日以降毎日反響と数値を報告しあいながらPDCAのサイクルを回している最中です。


リニューアルから1週間たって


まだリニューアル間もない期間での所感ではありますが、日を追うごとに書き込まれるコメントの量は増えてきました。それに伴い、問題のあるコメントも散見されるようになりましたが、一方で従来の「発信者と受信者」という壁を超えて、ブロガーといちユーザーがコメント欄で建設的な意見交換をするような嬉しい光景も見られてきています。

blogos_giron

BLOGOS(ブロゴス)- 議論一覧

このように新生・BLOGOSは発信者であるメディア側が一方的に意見を押し付けるのではなく、発信者・参加者の双方が議論を深められる場として利用されることを期待して運営をしています。

みなさんも新しいBLOGOSに参加して、建設的な議論を生み出すための私たちのサイトづくりを確かめてみませんか?
TwitterやFacebookなどのすでにお持ちのサービスのIDで、簡単にアカウントを作ることができますのでお気軽にご登録ください!

ライブドアではネットメディアの可能性を広げるサービス企画・設計ができるディレクターを募集しています。