こんにちは、櫛井です。

インターネット業界も働くママやパパも増え、弊社でも育児休暇を取得する社員が増えてきました。今回は、現在育児休暇を取っているWebディレクターに「実際どんなもんなの?」とインタビューしてきましたので紹介していきたいと思います。

今回お邪魔したのは、埼玉にお住まいの菊地さん。勤続7年目、育休を取得してから3週間ほどのタイミングでインタビューしてきました。

IMG_0756
長女と散歩する菊地さん


−お忙しいのにすいません、まずは家族構成を教えてください
いえいえ。久しぶりに大人と話せるので嬉しいです。家族構成は、私・妻・4歳の長女・6月に生まれたばかりの長男の4人家族です。

IMG_0718
生後3週間の長男さんはずっと寝ていらっしゃった


−今回、育休制度を使おうと思ったきっかけなど教えてください
育休って元々は国で定められてる制度で、産後8週間は社員から要請があれば基本的に会社は認めなければならないってやつなんですよね。うちは奥さんが人事の仕事をしていて、そういう制度があって男性が取得できるってことも聞いていたので何となくそういう選択肢も考えてはいました。

IMG_0716
菊地さんのお宅はすっかり子供メインの空間


−菊地さんはlivedoor Blogなどを手がけている部署でマネージャーをされていますが、実際に数ヶ月仕事を休むのは大変じゃないですか?
そうですね、二人目の子供を意識し始めたたときからは育休の取得は何となく考えていました。その頃からなるべく定時で帰るようにしたり、自分がいないと仕事がまわらないという状況にならないように色々な部分を整備したりと準備はしていましたね。


−実際に育休を取ろう、となってからは大変そうだなと勝手に思ったんですがどんなカンジでしたか?
男性社員が取得するのが初めてだったようで、人事担当の方には色々と教えてもらいながらでした。取得自体はスムーズでしたね。現場の同僚たちは、こっちが驚くくらいみんな協力的で「完全にネットも遮断して一切仕事しません!」ではなく、ちょくちょく状況把握もしながらというスタイルでやるつもりだったんですが、その前提で伝えたところ「えっ、いいの?2ヶ月もいないんだよ?」とこちらが心配になるくらいすんなり受け入れられてちょっとさみしいくらいでした(笑)

IMG_0720
おむつの交換は目をつぶっても出来るくらい上達した菊地さん

−1日のスケジュールってどんなカンジですか?
日によってもちろん変わるんですが、平日だとこういうのが多いですね。

6:00 起床
6:30 お弁当と朝食の準備
7:00 朝食
9:30 長女の幼稚園お迎えバス送迎
10:00 洗濯
11:00 ジム
12:00 昼食
13:00 掃除・片付け
14:00 長男沐浴
15:30 長女のお迎え、一緒に遊ぶ
17:00 夕食準備
18:00 夕食
19:00 お風呂、歯磨き
20:00 長女と一緒に遊ぶ
21:00 長女就寝
23:00 仕事

ここには書いてないですが、長男には2時間か3時間おきにミルクをあげています。

−ものすごいハードスケジュールですね…。実際に育休を取得してみてどうですか?とくに大変なものってなんでしょうか。育児未体験なので気になります。
基本的にはほとんど家から出ない生活なので、閉鎖的な空間での育児を理解できるようになりましたね。
とくに大変だなあと思うのは食事の準備ですね。世の中のママさんって本当に凄いなあと痛感しています。奥さんにはとにかく2ヶ月間集中的に休んでもらおうと思っていて家事は全て自分がやっているんですけど「今日何が食べたい?」と晩御飯のリクエストを聞いて「なんでもいいよ」と言われるのがどれほどムカつくか、よーくわかりました(笑)


−ほとんど家から出ないと言っても日々の買い物なんかもありますよね。どうしてるんですか?
たまにコストコとか大型のスーパーに行ってまとめ買いすることはありますけど、最近はネットスーパーがすごく便利なのでなんでもネットで済ませちゃいますね。便利ですよ。


−仕事は夜遅くにしてるみたいですけど、主にどんなことを?
基本的にはiPadでメールを見たり、開発のコミュニティを覗いたりして状況把握するようにしていますね。復職後に全然話題についていけない方が怖いので、ちょくちょく見るようにしています。夜はノートPCで見てますが、昼間は息子にミルクあげながら見ることが多いのでiPadは重宝してます。

IMG_0727
やってもらった図


−育児していて「これスゲー!」って何かあります?
グッズの紹介なんですけど、搾乳器がすごい重宝してますね。買うと数十万するんですけど、レンタルなので半年で1万円とかで借りれます。お乳が出る時にこれで搾乳して、冷蔵庫とかで保管したり。

IMG_0725
噂の搾乳器がこちら。かなり高性能らしい。


−子育てしていて大変なことってどんなことですか?
病児保育が大変だなぁと思いますね。幼稚園によっても違うんですけど、37度の熱が出たら迎えに来てくださいと言われたり(そのくらいは頻繁にある)、有給が無限にあるわけじゃないのでインフルエンザとか特定疾患の治癒後3日は出勤できない時は大変ですね。夫婦で交代でも仕事の兼ね合いとかあるので休みを調整したりするのがなかなか難しいです。



−活用しているアプリとかサービスとかあったら教えてください
長女がよく遊んでるのは、iPad用のアプリでPaperっていうお絵かきソフトですね。Minecraftっていうゲームもよくやってます。あとは絵本のアプリなんかもよく使ってますね。子供って順応速度がものすごくて、親が知らない機能とか操作をしていて驚きますよ。

IMG_0735
お絵かきが大好きな長女さんがプリキュア書いてくれました

Paper by FiftyThree Paper by FiftyThree

Minecraft - Pocket Edition Minecraft - Pocket Edition


あとは、買い物のリストはEvernoteで管理してます。色々なデバイスで同期できるため、買い忘れが防げるので重宝してます。
IMG_22102

Evernote Evernote


家族間の連絡は LINE を使ってます。グループチャットが便利だし、みんな LINE が大好きですね。

LINE LINE


−なるほど、色々と活用されてるんですね。育休のまとめ、お願いします!
まとめですか。そうですね、子供いると大変だし、でもすごくかわいいですね。政治とか色々な情勢を見てると子供を産んで育てるのって大変になってきてますが、子供いいよー!って皆に言いたいですね。貯金するより先に子供いたほうがいいよって思います。

IMG_0729
何かを密告される菊地さん

−では最後に、今一番やりたいことを教えてください
ドラゴンズドグマやりたいですね!! PS3持ってないですけど(笑)

−ありがとうございました。


育児休暇制度とは


育児休暇(休業)制度は、会社によって細かく取得に関しての条件などは違うようですが法律で定められた労働者の権利です。取得内容や条件などは色々とありますのでWikipediaの該当項目をご参照ください。
育児休業 - Wikipedia

NHN Japanでは社員の育児休暇制度として以下のような規定があり、取得にあたっては特に男女の制限はありませんので希望があれば男性社員でも取得が可能です。
社員は、子が1歳2ヶ月に達するまでの間で、出生日以後の産前・産後休業期間と育児休業期間との合計が1年を限度として、育児休業をすることができる。





ちなみにこのインタビューの後、奥様からPS3本体とセットでドラゴンズドグマをプレゼントしてもらったそうです。うらやましい!

NHN Japanでは、なんとかして自分の持って行きたい方向に話を進められるディレクターを募集しています。