LINE Corporation ディレクターブログ

Open & Shareを実践中! Webサービスの開発・運営のノウハウを公開します。

こんにちは。位置情報共有サービスロケタッチのディレクターをしております幕田博之です。

おかげさまで、2011年7月15日をもちましてロケタッチはサービス開始から一周年を迎えることができました! 多くの社内外の関係者、ユーザーの皆様からのご指導、ご支援があってのことだと思い、スタッフ一同大変感謝しております。

さて、先日のロケタッチ開発ブログでは一周年記念ということでインフォグラフィックスを公開いたしました。

そこで、今回のディレクターブログではロケタッチのインフォグラフィックスができるまでの流れをご紹介したいと思います!


そもそも、インフォグラフィックスってなに??


Wikipediaでは下記のように説明されています。
インフォグラフィックス(英:Infographics)は、情報、データ、知識を視覚的に表現したものである。インフォグラフィックスは情報を素早く簡単に表現したい場面で用いられ、標識、地図、報道、技術文書、教育などの形で使われている。
「information」と「graphics」を掛けあわせた造語だけあって、言葉だけでは伝えることが難しいデータや数値情報といったものを図にしてわかりやすく伝えることができるのがインフォグラフィックスの大きな特徴です。

このインフォグラフィックス、実は私たちの日常生活の中の至るところにあるんです。例えば歩行者用信号機は、青、赤という二色と二種類のグラフィックだけで「渡れ」「止まれ」という情報を伝えてくれていますよね。公衆トイレのマークや非常口のマーク、アクセスマップなんかもそうです。

このように、インフォグラフィックスの目的は「伝えたい情報を図式化して簡単に伝えること」なんです。今回のロケタッチインフォグラフィックスは、一周年のタイミングに合わせて「この一年の軌跡を公開したい」という目的で作ることになりました。


インフォグラフィックスができるまでの5ステップ


Step.1 伝えたい情報を洗い出す!

まずは、伝えたい内容と必要なデータ・情報を考えなくてはいけません。今回の目的にあったインフォグラフィックスを作るには、一年の成長記録がわかるデータが必要です。

この一年でのタッチ数の推移、ユーザー数の推移、ユーザーはいつどこにタッチしているのか、男女比はどうなのか、どんなシールが何枚くらい発行されたのか……など。目的に沿った「伝えたい情報」をピックアップしましょう。

blog_pic01

ちなみにこれ、ぼかしが入っていますが実際に私が洗い出した必要な情報の一部です。他にも大量のデータがあり、このままでは決してわかりやすいとは言えません。まずは1つ1つの項目を検討し、どの項目を公開するかを決定します。

Step.2 数値データの抽出

公開したい項目を決めたら、対象期間を定めて実際の各数値データを抽出します。大量の数値データを抽出するのですが、個人的にはなぜかこのステップ2が一番ワクワクします。

Step.3 データの組み合わせ

数値データが揃ったら今度はそれをわかりやすい形に直します。ここでのポイントは「組み合わせ」です。データとデータを組み合わせて新しいデータとしてわかりやすく面白い表現ができるか検討します。

例えば、男女比データと年齢比データを合わせると、年代別の男女構成比率がわかります。また、カテゴリ別スポット数とカテゴリ別タッチ数のデータを合わせると、スポット数が多くてタッチ数が少ないカテゴリやスポット数が少なくてタッチ数が多いカテゴリをデータとして表現することができます。

この組み合わせ作業、実は試行錯誤の連続でうまくいかないことの方が多いです。例えば、キャリア (デバイス) 別のアクセスとソーシャルメディア連携数を組み合わせたデータの公開を検討しましたが、マルチデバイスの利用やソーシャルメディアへの重複ポストなどを考慮すると逆に複雑になる可能性が高かったのでこれは見送ることにしました。

最終的に公開されたときに見やすくわかりやすい形を想像しながらとにかくいろいろと工夫してデータを組み合わせていくのがコツです。難しいですね。

Step.4 デザイン

インフォグラフィックスは「information」と「graphics」。Step.3までで「information」部分はできているので、あとは「graphics」ができれば完成です。

インフォグラフィックスは伝えたい情報を視覚化することに意義があるので、この「視覚化」部分が非常に重要になります。ここはデザイナーの腕の見せ所。

まとまったデータを持ってデザイナーと打ち合わせをします。どの情報をどう見せたいか、どう見せればわかりやすいか、という観点からデザイナーと話を進め、より良い見せ方を決めていきます。

見せ方が決まったら実際に色やレイアウト等の微調整をしながらデザイン作業に入ってもらいます。すると、準備したデータが組み合わさっていき、徐々に1つのグラフィックになっていきます。まさにインフォグラフィックス!

Step.5 完成!

はい、完成です。今回できたインフォグラフィックスがこちら。

infographics_20110715

例えば「カテゴリ数別タッチ数&スポット数」「時間帯別タッチ数&カテゴリ分布」「男女別年齢分布」など、パッと見わかりにくい言葉でも図にすると簡単にわかりますよね。

余談ですが、レアシールの「げいのうじん」、本当に発行枚数が一枚しかない超レアシールなんです。取得条件は秘密ですが、頑張ってゲットしてみてくださいね。


様々なインフォグラフィックス


インフォグラフィックスは他社も様々なものを公開しています。カッコイイものや興味深いものなど、一度は見ておくべきインフォグラフィックスをちょっとだけご紹介します。

japan_earthquake_tsunami_infographic   online-shopping-around-the-world

上左はアメリカのデザイン&マーケティング企業、Digital Surgeons社のインフォグラフィックスで、東日本大地震についての様々な統計情報がまとめられています。その規模や被害の大きさが一目でわかるようになっており大変参考になります。

上右は世界のEコマース市場の現状を表したインフォグラフィックスです。多くのクーポンコードの発行を行っているMyCouponCodes社が作成したものです。本とか洋服をオンラインで購入する人って世界的にもたくさんいるんですね。

language_855px   apple_855px   advertising_855px

上記のインフォグラフィックスはすべてアイオイクス株式会社が作成したものです。左から順に、
  • 地球上の様々な言語を一枚の絵で比較してみたインフォグラフィックス
  • もしもこの世にAppleがなかったら?を想像してみたくなるインフォグラフィックス
  • インターネット広告技術の仕組みを一枚の絵にまとめたインフォグラフィックス
というテーマで作られています。どれも見ごたえがあってデザインとしていてもカッコイイですね。難しい内容もこんな風に図にして見てみると全体の流れや情報がうまくまとまっていて、文字情報だけでインプットするよりすっきりしませんか?


インフォグラフィックスについてもっと知りたい方へ


Cool infographics

海外のインフォグラフィックス作品が数多く紹介されています。斬新なデザインや切り口で紹介しているものが多く、見ていて飽きませんね。

アイオイクス株式会社

上でも紹介しましたが、自社製のインフォグラフィックスを見ることができます。様々なテーマに関する情報をわかりやすくまとめているので勉強になること間違いなし。

Visual.ly

世界最大規模のインフォグラフィックスポータルです。有名なのでご存知の方も多いかと思いますが、自分のtwitterアカウントに関するインフォグラフィックスが簡単に作れちゃったりします。アップされているインフォグラフィックスだけでも2000以上ありますので一見の価値ありです。


ライブドアでは、インフォグラフィックスでレジュメを作って応募してくるようなクリエイティビティ溢れるディレクターを募集しております。

こんにちは、ブロググループの池田です。

先日、livedoor Blogでリリースしたスマートフォン向け「デザインカスタマイズ」。スマートフォン時代が奔流になりつつある中、今回のスマートフォン開発を通じてWebサービスを運営するディレクターに必要な視点が見えてきたのでまとめておきたいと思います。

7月14日、livedoor Blogでスマートフォン向け「デザインカスタマイズ」を公開


img1

7月14日、livedoor Blogでスマートフォン向け「デザインカスタマイズ」をリリースしました。

スマートフォン版ブログカスタマイズ機能リリースのお知らせ

ブログのスマートフォンページをカスタマイズして、自分だけのオリジナルデザインを作ることでき、さらに、HTMLやCSSの知識がなくても、誰でも簡単に利用できる機能です。

ブロガーにとっては、自分の個性をデザインで表現することができ、ブログ読者にとっては、情報を一目で識別し、快適なブラウジングができる。今回のリリースで目指したものは書き手にとっても読み手にとってもよりよい「ブログ環境」を作ることでした。

なぜ「デザインカスタマイズ」が必要だったか?


TwitterやFacebookといった知人・友人とのコミュニケーションに主軸を置いたサービスと比較して、ブログは不特定多数の人に対して自分の意見を表現するのに最適なサービスです。自分の意見を表現するブロガーにとって、ネット上で個性を表現することに高い関心があり、これまでPC向け、モバイル向けにも「デザインカスタマイズ」という形で機能を提供してきました。

今回、スマートフォン向けに機能開発するにあたっては「スマートフォンで何か新しいこと」を考えるより、PCやモバイルでのノウハウに改良を加えて、スマートフォンで新しい価値を生み出すというところに視点はありました。「改良」の部分で差別化ができればいいと。

今後スマートフォン開発をする上で、他社がスマートフォンで何をやっているかの調査も重要ですが、同時にPCやモバイルでやってきたことをスマートフォンでいかに改善できるかという視点が鍵になると思います。

使いやすさのための制限


「カスタマイズ=複雑」というイメージを持つ人も少なくないのではないでしょうか?

「何でもできる超多機能なカスタマイズ機能」を提供すれば、ブロガーは満足して、ブログ読者も閲覧しやすくなるとは限らないという仮説はこれまでの経験から明確にありました。そこには「シンプルさ」が必要であり、何を作るかよりも何を作らないかという視点が今回の開発のポイントだったと思います。

「おおよそインターネットでブログを書く人であれば、誰でも簡単に自分のオリジナルデザインを作ることができる。」

これを実現するために、盛り込む機能を精査してシンプルにしたのが今回のファーストリリース版になります。

img2

インターフェイスは試行錯誤


スマートフォンのインターフェイスは未だ試行錯誤です。

今回は主にブログ読者にとって閲覧しやすく操作しやすいブログページにすることが課題でした。しかも、今回開発した機能はブロガー自身がデザインをカスタマイズできる機能なのでいっそう難題です。

企画段階では、海外のサイトを中心にブログだけでなくニュースサイトなどのインターフェイスをできるだけたくさんみて参考にし、テストでは実際に自分でブログをカスタマイズをしてみて、縦にしてみたり横にしてみたり、右手で使ったり左手で使ったり、ひとりのユーザーとして目線が欠かせない視点でした。

img3

まとめ

  • PC、モバイルのノウハウを改良して新しい体験を
    PCやモバイルで使い古された機能や手法でも構わない。今の時代ならではの改良を加えて、新しい体験を提供できればユーザーの心をつかむことができる。
  • シンプル操作でリッチ体験
    誰でもできる簡単な操作でリッチな体験を提供することができれば、多くのユーザーが使ってくれるサービスになる。特にスマートフォンは、今後ガラケー(フィーチャーフォン)からの乗り換えによってますまずユーザー層が多様化が進むため、「シンプルさ」は不可欠。
  • インターフェイスは進化する
    スマートフォンのインターフェイスはまだまだ進化の途中。これからユーザーの経験値も溜まっていくと自然と良いものが残り、悪いものは淘汰されていくので、その過程を見逃さずに素早くキャッチすることが大切。

最後に


今回リリースした「デザインカスタマイズ」は、公開時で50%の出来だと思っています。今後、より多くの人に使ってもらえるよう機能追加と改善に力を入れていく予定です。livedoor Blogを使ってみた感想や改善してほしい点があればどんどん意見をもらえるとうれしく思います。

livedoor Blog公式Twitter「なっちゃん」

af 021a

こんにちは。ライブドアのモリウチです。突然ですがWebディレクターのみなさん、「WebAPI」を使った企画や設計をしていますか?

APIとは「Application Programming Interface」の略で、特にWebAPIとはあるプログラムが、別のシステム (Webサービス) が持っているデータのCRUD (読み書き削除) や、一連の処理 (機能) の利用を可能にするための技術です。

WebAPIの活用の普及に貢献したのは2005年のGoogleMapのAPIでしょう。
Google Maps API

WebAPIは、登場当初は地図情報や、都道府県やジャンルなどの静的な情報を取り出して利用することが主流でしたが、最近ではTwitterやFacebookのように利用ユーザーからの許可を受けてユーザーの個人データやソーシャルグラフを取り出して利用したり更新したりできるようなWebAPIが一般化してきました。そして私たちが開発するWebサービスも大きな可能性を持つことができるようになりました。

API思考法のメリット


さて、そんな便利なWebAPIですが、所詮システムのことだからディレクターが考えることではない、要望に対してエンジニアが提案してうまく利用してくれればいい、そう考えている方も多いかもしれなせん。しかし、ディレクターがAPIについて理解しておくと良いこと (知らないと損をすること) があります。
  1. 課題や目的の解決のスピードが格段に早くなる可能性がある
  2. 企画や発想の幅が広がる
  3. 柔軟な思考・設計法が身につきお仕事が楽しくなる
#1・#2については具体的に実効があります。特にシステム開発を社外のパートナーにアウトソーシングしている現場において、企画やブレストの段階でエンジニアがアドバイスしてくれる機会も少ないですから、プランナーやディレクター、ビジネスプロデューサーがWebAPIの利用について知っていなければ、コスト面・スピード面で競合に出遅れていることになります。

また、サービスローンチ時においても、他のメジャーなWebサービスとの連携を謳うことで、驚くほどのスピードダッシュでサービス利用者を増やすことも可能になりました。

そして、#3については私たちWebディレクターのお仕事が、日々新しいことを取り入れて成長する、刺激あふれる仕事であり続けるためにも大事なことです。

新しいプロジェクトをはじめるときに「また画面遷移図とワイヤーフレーム書かなきゃなー、飽きたなー」なんて思ったことありませんか? WebAPIに限らずWebの世界では、日々新しい技術や表現手法が生み出されています。これらを積極的に研究してお仕事にも取り入れていく習慣やサイクルがあれば「同じような」「得ることがひとつもない」自分にとって楽しめないプロジェクトは撲滅できるのではないでしょうか。

閑話休題。そんな便利で刺激にあふれた昨今のWebAPI。エンジニアではない私たちディレクターが程良く理解するためには何をすればいいのでしょうか?ここでは、2つの「勘どころ」をご紹介します。

APIドキュメント


APIドキュメントとは文字通り、APIを使うために必要な手続きのマニュアルです。APIとは手続きの仕様ですので、どのサービスのAPIでもほぼ同じようなフォーマットで記されています。

4sq1

たとえば、
  • 「所定のURL (A)」に「国名コード (B)」をつけて投げると「観光地情報のリスト (C)」が返ってくる
    →エイビーロードAPI
  • 「所定のURL (A)」に投げると「フォロワーのIDのリスト」が返ってくる
    →TwitterAPI
  • 「所定のURL (A)」に「スポットのID (B)」をつけて投げると「その場所にいるチェックイン数とリスト (C)」が返ってくる
    →foursquareAPI
  • 「所定のURL(A)」に「対象とする写真のID(B)」と「コメントテキストデータ(B)」をつけて投げると「処理結果(C)が返ってくる
    →InstagramAPI
この中でAのことを、メソッド・エンドポイント、Bのことをリクエスト、Cのことをレスポンスと呼び、ほとんどのWebAPIはこのフォーマットに則って解説されていますので、英語が苦手でも、それぞれのオブジェクトやパラメータ名さえ認識出来れば理解することは可能です。

また、海外サービスのWebAPIについては有志の方による和訳も見つけることができますので有効に活用しましょう。

APIエクスプローラー


APIエクスプローラーとは、前述の各種メソッドに、任意のリクエストのパラメータを付与して、ブラウザ上で手軽に実行して、レスポンスの値を確かめることができるフォームです。

ドキュメントを眺めてなんとなく出来ることを把握した後に、具体的に自分のユーザーIDや近所のスポット、自分や友達がアップロードしたデータ (写真やコメント) をリクエストにして、メソッドを実行することで「具体的なデータ」でレスポンスを確認することができます。

flickr

プログラムを書くことができるエンジニアであっても、実際にAPIを実行出来る環境を構築することはそれなりの時間が取られる作業ですが、このAPIエクスプローラーがあれば、リクエスト結果のデータを目で見て確認することはもちろん、そのデータだけ拝借して、モックアップやプロトタイプに具体的な「連携イメージ」として表示させることも簡単です。

これら最新のWebAPIを触っていると、「最近の (イケてる) Webサービスってなんてオープンなんだ!」「WebAPIがあれば、外からでも何でもできちゃうんだなあ」という感想を持つことでしょう。昨今のWebサービスではAPIは外部のデベロッパーが使うためのものだけではなく、同じサービス内のシステムでも積極的に利用されています。つまり高度にAPI化されているプラットフォームでは、APIだけを組み合わせて同じようなサービスを作ってしまうことも可能なのです。

これは、情報 (データ) をいちWebサービスが「独占的に囲い込む」ことによるメリットよりも、利用ユーザー数とユーザーの動きを活性化させる「オープンなプラットフォーム」化する方がより価値が高く何よりもクールだという、本来のインターネットのあるべき姿へ回帰する姿を反映しているとも言えるのではないでしょうか。

WebAPIとAPIエクスプローラーいろいろ


▼Twitter


https://dev.twitter.com/docs/api
http://twitapi.com/explore/

▼Facebook Graph API


http://developers.facebook.com/docs/reference/api/
https://developers.facebook.com/tools/explorer

※FacebookのAPIドキュメントは日々更新されており他のAPIに比べて整理されておらず読解が難しいですが、有志による日本語訳サイトと合わせて確認するとよいでしょう。
Graph API : Facebook開発者向けドキュメントの日本語訳とTips


▼Foursquare


https://developer.foursquare.com/
https://developer.foursquare.com/docs/explore.html

▼Flickr


http://www.flickr.com/services/api/
http://www.flickr.com/services/api/explore/?method=flickr.photos.search

▼Google Maps API ファミリー - Google Code


http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/
https://code.google.com/apis/explorer/

▼Instagram


http://instagram.com/developer/

▼Last.fm


http://www.lastfm.jp/api

それでもやっぱり英語は苦手だなーという方、国内のWebサービスも便利なAPIを提供していますので一部ご紹介します。私たちに身近なサービスばかりですのでAPIを読み解く練習としては丁度良いですね。

▼リクルートWEBサービス


http://webservice.recruit.co.jp/

▼mixi Graph API << mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)


http://developer.mixi.co.jp/connect/mixi_graph_api/

▼ Hatena Developer Center


http://developer.hatena.ne.jp/

ロケタッチAPI


Developers API

ライブドアでは位置情報サービス・ロケタッチ(http://tou.ch/) のユーザーデータ、スポットデータ、チェックイン(タッチ)データ等にアクセス出来るAPIを先日リリースしました。

▼ロケタッチAPI


http://tou.ch/developer/
https://tou.ch/developer/explorer

ロケタッチWebAPIとしての特徴としては
  • クライアント認証には扱いやすいOAuth2を利用
  • APIExplolerを公開
  • 完全日本語ドキュメント (当たり前ですね!)
このように、企画者・開発者の方に具体的に理解・開発がしやすい環境が整っています。既に100名近くのデベロッパーの方を登録していただき、ロケタッチのデータや機能を生かしたサービス・アプリ・ツール作りが行われています。

また、今後は内外のデベロッパーが開発したロケタッチ連携サービス・アプリ・ツールについてもサイト内で紹介ができるように準備を進めていますので、ディレクターのみなさんも腕をふるってチャレンジしてみてください。


ライブドアでは、新しい技術を貪欲に取り入れることができるディレクターを募集しています。


おまけ


私も個人で運営しているラーメンブログをロケタッチ対応しました!読者が「ロケタッチコネクト」を行うと、行ったことのあるお店とそうでないお店が一目瞭然の「タッチスタンプ」を確認することができます。

ramen1

ramen2

ディレクターの渡邉雄介です。担当しているサービスのメンテナンスやトラブルがあったとき、初動が遅れたり、パニックになって判断能力が鈍ってしまったことはないでしょうか?

ディレクターブログでは、すでに何度か障害時の基本的な対応についての記事 (障害対応的ディレクションスキルサーバ障害と向き合うには) が書かれていますが、今回はもう一歩踏み込んで、メンテナンスやトラブルの際にディレクターがしておいた方がいいTipsをいくつかご紹介します。


Tips1. トラブルの第一報だけは最速で開発メンバーに伝える


責任感の強い人は、まずはディレクターが問題をある程度取りまとめてからエンジニアや関係者に共有……と思いがちですが、たとえその時点で問題をよく把握できていなくても、障害が起きているということだけは最速で伝えるべきです。これは下記の2つの点から重要です。

◆ひとりよりも複数で問題に取り組んだ方が解決が早い

004

ディレクター、エンジニアをはじめて開発メンバーが把握している (よく理解している) 領域はそれぞれ異なります。問題を切り分け、障害の原因をいち早く発見するには、自分ひとりでやろうとせず、関係者全員で取り組んだ方がいいと思います。

◆すぐに対応できる環境にいるとは限らない

ディレクターはいつどこで障害の連絡があるかわかりませんし、エンジニアも外出や旅行中ですぐには対応できないかもしれません。そのようなときに第一報を入れるのが遅れると、全てが後手後手にまわって復旧も遅くなります。


Tips2. トラブル時に使用するメンテナンス画面の雛形は
事前に用意する


たとえまだ一度もトラブルが起きていなくても、実際にトラブルが起こってからメンテナンス画面を作り始めるのと、事前に雛形の用意されたメンテナンス画面に入れる内容を考えていくのとでは精神的負担が違います。

これは、ユーザーへの告知をテンプレート化して楽をしよう、ということではなく、事前に起こりうるトラブルの内容を想像し、ユーザーへの状況説明を事前にシミュレーションできることに価値があります。これによって実際のトラブルでの初動が早くなるだけでなく、冷静に対応できるようになるはずです。


Tips3. 前任者の連絡先まで聞いておく

005
担当エンジニアの連絡先を聞いておくことはもちろんですが、前任のディレクター・エンジニアなどの連絡先も聞いておいた方がいいです。とくに、引き継いでから日が浅いサービスの場合、前任者へのヒアリングが原因の早期発見につながることも多いです。

もちろん、前任者任せになってしまうのは本末転倒なので、現担当の自主的な行動が求められてしかるべきですが、障害対応用のMLやグループチャットなどを利用しているのであれば、引き継ぎ後の一定期間は念のため参加したままでいてくれるよう前任者にお願いしておくことをおすすめします。


Tips4. メンテ前後の開発メンバーのリソース・タスク状況は
必ず把握する


すでに予定されているメンテナンス (とくに深夜メンテなど) の場合、ディレクターは売れっ子芸能人のマネージャーになったつもりで開発メンバーのリソース・タスク状況を完全に把握しておいてください。

開発メンバーが抱えている他の案件がリリース前だったり、メンテ中にスポットで依頼があるような場合はとくに要注意です。メンテ中は開発メンバーが最高のコンディションで対応できる環境を作るのがディレクターの使命です。メンテナンスの対応に影響が出る可能性がある場合は事前に関係各所と調整してください。


Tips5. 英語のエラーメッセージも是が非でも読む


003

これは超基本的なことですが、エラーメッセージは英語で書かれていることが多いからか、ろくに読まずに「エラーです、ごにょごにょ」といったことが稀にあり、エンジニアからの苦情もたまに聞くので、あえて入れます。

一口に障害といえども様々です。エラーメッセージを目にしているのに「なんだかわからないけど障害です」では意味がありません。翻訳はもちろん、検索すれば同じような問題に遭遇した人の情報が出てくることもあります。エラーメッセージはちゃんと理解しようとしてください。

なお、404や500エラーなどのHTTPステータスコードについては、下記の記事に詳しくまとまっています。
web開発者なら知っておきたい HTTPステータスコード


Tips6. 自分が把握していない変更・本番化履歴がないか調べる


担当サービスのテンプレートをディレクターがある程度触れるのであれば、SVN (バージョン管理システム) のコミットログや、本番化報告メール、テンプレートの最終更新日時などを調べて、自分が把握していない編集履歴がないか、それが本番化されていないかどうか調べます。

よくあるのは開発中のフロントエンドのコードが誤って本番化されてしまって、バックエンドのプログラムが上がっていない事による障害です。こういったものはフロント側の該当コードを取り除けばひとまず復旧できる可能性があります。


Tips7. 根拠のない復旧予定時刻は書かない


002

障害発生直後に「さすがに3時間もあれば復旧してるだろうー」と思うのはディレクターの希望的観測でしかありません。開発メンバーの調査で問題を把握し、復旧までの目処が分かればすぐに告知するべきですが、なんとなくで「3時間」などと根拠のない時刻を告知してしまい、さらに遅れて再度訂正……などを繰り返すとそのサービスに対するユーザーの信頼は一気に崩れ去ります。

とくに規模の大きいサービスだと、「いつ復旧するのか」とユーザーのクレームや広告主などから答えを求められてプレッシャーになることもありますが、その時点で復旧の目処が立っていない場合、ここで伝えるべきはその場しのぎの復旧予定時刻ではなく、調査結果の報告時刻です。これは、問題が解決しているかどうかに関わらず、その時点での調査の進捗を伝えることですので、報告が遅れるといったことはありません。

また、その段階になれば復旧までの目処が立っている可能性も多く、その場で改めてより正確な復旧予定時刻を伝えることができるはずです。


Tips8. 障害報告で「もっと頑張ります」は禁句


001

障害対応後に障害報告書を書くのは当然ですが、よくありがちなのは、この報告書の再発防止の項目に「もっとしっかりと確認します」といったような「もっと (more)」を書いてしまうことです。

これを文字通り「もっとしっかり」頑張ってやるのはせいぜい数日〜2週間ほどで、その後はいつもの調子に戻ってしまうでしょう。手を動かす類の改善案は根本的な解決にはならないことが多いので、そもそも問題を起こさないために何をすべきなのか、具体的かつ無理のない方法を考えた方がいいでしょう。


私も新人ディレクターの頃は冷静にならなければいけない場面で、頭の中が真っ白になって苦い思いをした経験が何度もありました。このとき「もっとこうしておけばよかった」の積み重ねがこのようなTipsとして自分の中に蓄積されていたりします。実際のメンテナンス・トラブル時に少しでも思い出していただけると幸いです。

ライブドアではどんなトラブルにも風林火山の面構えで対応できるディレクターを募集しています。

こんにちはコミュニティサービスGでプロモーションを担当している大竹です。

今回はライブドアが運営するマッチングサービス「YYC」と「youbride」のプロモーションで沢山のお力添えを頂いているアフィリエイターに向けたマーケティングセミナーの様子を通じて、出稿メディアと広告メディアの建設的なパートナーシップ形成の重要性に関してお話させて頂きたいと思います。

イラスト


マッチングサービスとアフィリエイト


マッチングサービスのプロモーションにおいてアフィリエイト (※1) という出稿チャネルは欠かせません。何故なら、サービスの特性上、一般メディアでの掲載可否が通りにくいケースがとても多いからです。

また、アフィリエイトの仕組みを使って報酬を得ている方たちを『アフィリエイター』といいます。多くのマッチングサービスが個人、法人アフィリエイターの力を借りて新規ユーザーの獲得をおこなっているのです。

※1 アフィリエイトとは?
Webサイトやメルマガから当該サービスにリンク張り、閲覧者がそのリンクを経由して当該サービスのサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、リンク元サイトの主催者に報酬が支払われるという仕組み。



高度なSEOノウハウを持つアフィリエイター


一口にアフィリエイターと言っても個人のブログで月に数万円程度を稼ぐ趣味レベルのアフィリエイターから、1千万円以上の収益を上げるトップアフィリエイターの方まで様々です。高い収益を上げるトップアフィリエイターは非常に高いSEOのノウハウを持ち、自分のメディアを検索結果の上位に表示させて莫大な集客を実現します。

このような集客力の強いアフィリエイターと建設的に新規ユーザーの獲得ノウハウを共有しWINWINの関係を築いていくことがマッチングサービスのプロモーション戦略において非常に重要なファクターとなっています。


直接伝える「サービスへの思い、現場の技術」


マーケティングセミナーの様子

私たちのプロモーションチームではアフィリエイターと建設的な関係を築いていくための取組の一環として定期的にプロモーションノウハウに関する「マーケティングセミナー」を開催しています。

具体的には以下のような内容を現場担当者が東京だけでなく、大阪、福岡等に直接出向いてサービス側の思いや現場の技術を解説します。
  1. 基本的なサービス内容 (サービス内容、沿革、PV・利用者数等)
  2. 業界内の勢力図 (競合各社との位置づけ、規模比較)
  3. 最新の業界トレンド (スマートフォンの動向・SEO・キーワード)
  4. ターゲットのペルソナ、季節別の特徴に関する分析解説
  5. 実戦的観点に基づいたCTRの高い広告クリエイティブの解説
  6. 実戦的観点に基づいたCVRの高いランディングページの解説
  7. 集客力の高い広告クリエイティブ、配信システムの提供
実際のセミナーは平均して1時間半程。限られた時間の中で50〜70人の方に様々なノウハウの共有をおこなうため、飽きずに、正確に理解して頂くための様々な工夫をしています。

1. 資料は『意識に成果を上げる印象が刻まれる』ように徹底的にビジュアルを作り込む

資料のイメージ

会場にいらして頂く方は基本的にトップアフィリエイターと呼ばれる方達なので細かな用語解説を砕く必要はありませんが、『意識に成果を上げる印象が刻まれる』ように数字だけでなく、やり過ぎなぐらいベタで、派手なビジュアルを用いて細かなテクニックを伝えます。

2. 受講者を巻き込んで『共に考え、対話する姿勢』を持つ

1時間半という限られた時間の中で一方的に話すだけのセミナーというのはどうしても単調になりがちです。資料の中にCVRの高いLPを当てるクイズ形式のスライドを入れて挙手をお願いしたり、QRコードで読み取ってもらって独自の広告システムを体験して頂いたりすることでコミュニケーションの機会を創出し、受講者との距離を縮めて対話していきます。

私たちは共に考え、対話する姿勢がセミナー全体を通じて最も大切な事だと考えているからです。

3.『音響効果、声のトーン、ハッピ?』会場を盛り上げる

熱心なアフィリエイターの方には本当に日本全国、遠方からセミナーに足を運んで頂いています。セミナーの内容を充実させることは当然ですが、来場者の期待を盛り上げるため、大阪で行ったセミナーでは、戦国乱世の覇者をイメージした資料のビジュアルに合わせて会場に威勢のよい和太鼓を流しました。

また、特注であつらえたハッピを着て声を張り、ショーアップしてさらに会場を盛り上げます。一見、そこまでする必要あるの? と思われるような事かもしれませんが、私たちはなによりも受講者とのコミュニケーションを重視しているので会場をアイスブレイクする意味でもこういった演出は意外に重要なのです。

4.『懇親会』

懇親会の様子

懇親会も毎回必ず行っています。セミナーの後はお酒を飲みながらできるだけ多くの方と直接お話をして、それぞれの方が抱える課題や、要望をお聞きして個別に情報交換をします。

本業、副業それぞれのスタンスで本当に様々な職業の方がいらっしゃいますが、大阪のセミナーでは70代のアフィリエイターの方にも参加していただき、改めてアフィリエイターの裾野の広さを感じました。

実際にお会いするとアフィリエイターの方達の倫理観の強さや、サービスに対して貪欲に理解しようとする姿勢に驚かされます。自分の紹介する商材について深く知ることやサービス提供側の想いを理解することが商用サイト制作にはとても重要で、成果にも大きく影響することを皆さん良く知っているのです。

このように地道ではありますが、有力なアフィリエイターの方たちに直接お会いして、自分の言葉で有効な戦術を語り伝え、課題をいただく取組をはじめて以来、私たちのチームでは高い出稿効果を実績として生み出しています。

スマートフォンの市場が急速に拡大する昨今、アフィリエイトの世界でも早速ノウハウの共有が始まっています。これからもできるだけ多くの土地に出向いて定期的にマーケティングセミナーをおこなってメディアパートナーとしてのアフィリエイターと建設的な関係を築いていきたいと考えています。

ライブドアでは出稿管理だけでなく、積極的にマーケティングノウハウをOPEN&SHAREできるタフなディレクターを募集しています。

はじめまして、新世紀メディアグループのEと申します。このたびディレクターブログを執筆することになりました。現在、7月4日にリニューアルした有料メールマガジンサービス「BLOGOS メルマガ」の編集を担当しております。

今回は "インタビュー" について、思うところを書きたいと思います。良いインタビューにするためには何が必要なのか、いつも心がけていることをご紹介します。

良いインタビューとは?


良いインタビューとは?

まずは、インタビューの進め方に入る前に、そもそも良いインタビューというと、どんなものを指すのでしょうか?
  1. 読者の関心事に応えている
  2. そのインタビューで初めて明かされる (そのインタビューでしか語られていない) 情報が聞き出せている
  3. インタビュー対象の、語られていないイメージを引き出せている
#1は読者の満足度に直結するので必須、#2と#3は他媒体との差別化を図ったり、プラスアルファのポイントになるかと思います。

ほかにも「テンポの良さ」「インタビューから感じられる雰囲気の良さ」など、"良いインタビュー" を構成する要素は多々あると思います。そんな中で、インタビュー記事を良いものにするための努力として最低限やるべきじゃないかと、私が常々心がけている4つのことを順を追ってご紹介します。

1. 準備は周到すぎるほど周到であること


インタビューは準備で8割方決まる、と言っても過言ではないかもしれません。後述しますが、準備がまったくの無に返すケースもありますので、その場合は8割方その場の対応で決まりますが (笑)。

歌手のインタビューであれば、歌詞の一語一句までしっかり聞き込みたい。「作品を聞いてもらえばわかると思います」なんて言われてしまったら、聞いてないことを指摘されてるのと同じこと。俳優さん、スポーツ選手、企業家や職人さん、何かしら世に残されているもの、その人を語るものがあるはずです。多くの人の目に触れているものは、インタビュアーも知っていることが大前提です。

その上でさらに、深く調べることが出来ていればなお良し。「え? なんでそんなことまで知ってるの?」と、インタビュアーが対象者を驚かせているインタビューがたまにあります。私の知る限り、そういった反応は概ね好印象。いや、むしろ絶対盛り上がりますね。最後に紹介している、私の好きなインタビュアーの方々は、ここを徹底しています。

インタビューをする前に対象者を知ることは礼儀であり、深く知ることはインタビューを成功させ、記事の完成度を高めます。

2. 資料に頼り過ぎない


と、準備の大切さを説いておきながら (笑)。対面でのインタビューならば、普段の会話や商談と同じで、伝えたいことは相手の目を見て伝えたいもの。手元の資料ばかり見て話していたら、対象者の心を掴むことはできないでしょう。

また、資料がまったく役に立たないケースもあります。○○○様などと呼ばれる気難しい女優さんや、ウソばかりつく芸人さんの話を聞いたことがある方も多いでしょう (笑)。インタビューは生ものです。下調べが重要なことは先述しましたが、あくまで前提の部分であって、対象者とインタビュアーが共有した知識・テーマを元に、それをどう膨らませていくかはその場の雰囲気や掛け合いが左右します。

3. 仕上がりをイメージする


臨機応変に進めつつもここ、大事です。聞きたいことは聞けたのか。起承転結は作れるのか。盛り上がることは良いことですが、ひとつの話題にばかりに寄ってしまっては、記事を作る際に苦労することに。

「これだけは聞く」という軸や、あとで再構成しやすいように、できるだけ幅広い話題でコメントを拾っておくといいですね。逆に偏った方向を戻せなくなってしまうようならば、そこを軸にしてしまうという考え方もあると思います。

4. 動じない/出しゃばらない


繰り返しになりますが、インタビューは生ものなので、その場に行ってみないとわからないことも多々あります。事前の知識が先入観に繋がってしまって、いざ本番、イメージと違う相手に対し戸惑ってしまってはせっかくの準備も逆効果。想定外の流れがあることを、しっかり認識しておきましょう。

出しゃばらない、のほうはケースバイケースかと。インタビュアーとしての自分をブランディングする必要がある方は当然、スタイルを持ち、知ってもらう必要がありますし、また、対象者の口数が少なければ、インタビュアーのトークで聞きたい言葉を引き出さなければなりません。

ですが、基本は受け手・聞き手の姿勢が大事だと思います。いわゆる聞き上手というやつです。気持ちよくしゃべってもらう、これは結果的に文章 (映像) にもにじみ出てくるものです。

まとめ


この先に編集という作業がありますが、正直、インタビュー時の取れ高がしっかりしていれば、どうにでもなると思います。そこで聞き出せてなかったことを捏造するわけにはいきませんが (そういう話も聞きますが……)、素材があれば大丈夫。

前述したように、仕上がりをイメージできていれば必要な素材も定まりますし、起承転結の組み方も、必ずしも当日の時系列に沿う必要はなく、これも取れ高次第だったりします。

地の文を使ったり、対話形式にしたり、スタイルは多様です。いろんなパターンで試してみて、自分にあった書き方を見つけるのがいいと思います。書き方のスタイルが確立されれば、インタビューの準備や、当日の流れの作り方も変わってくるでしょう。

というわけで、良いインタビューを行うための心がけをまとめると、
  • インタビュー対象者を深く知ること
  • 仕上がりをイメージし、必要な素材 (コメント) を聞き出す
  • インタビュー本番では、抜かりない準備をベースに
  • 自分にあったインタビュー記事のスタイルを見つける
当たり前のことですが、意外と忘れられがちだったりします。インタビューはもちろんですが、営業マンの営業トーク、就活での面接、普段の生活の中で発生する対話にも役立つのでは? 

最後に、文中でも書きましたが、私の好きなインタビューを紹介させていただきます。

◆新・人間コク宝

新・人間コク宝新・人間コク宝
著者:吉田 豪
販売元:コアマガジン
(2010-11-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ひとつ目は言わずと知れたプロインタビュアー・吉田豪さんの著書。どれも面白いですが、年輪刻んだツワモノと、プロインタビュアーの準備・スキルがぶつかり合う「人間コク宝」シリーズをぜひ。濃厚です。

◆Nardwuar the Human Serviette



もうひとつはNardWuarというカナダのサイトです。その名もNardwuar the Human Servietteというカナダ出身のミュージシャン/インタビュアーが、著名なミュージシャンや俳優、セレブリティーを相手にインタビューする、ビデオインタビューのコーナーがもう、最高です。

その徹底した下調べぶりは毎度インタビュー対象を驚かせ、時に引かせてしまうほど。ちょっとマニアックですが、ある種、インタビューの理想型なのでは、と思ってしまいます。


ライブドアでは読者の心に残るインタビューをコーディネイトできるディレクターを募集しています。

こんにちは。ポータルグループでニュースを担当している松本です。

これまでも何度かお伝えしてきましたが、ライブドアではおよそ20名のニュース専門スタッフが日々編集業務を担当しています。
livedoorニュース担当が選ぶ "今年印象深かったニュース"

ニュース編集スタッフの育成体制


彼らはそれぞれに情報感度や発信力に長けたメンバーですが、出版社や新聞社で編集業務を経験している人もいれば、まったくの異業種からの転職組もおり、ニュース編集の業務に携わるまでの経歴や背景はさまざまです。

入社後はほぼOJTの形でノウハウやスキルの向上を図りますが、もっと根本的な部分で培われるような語彙力や言葉遣いのテクニックといった部分は個人差が大きい上、一朝一夕での習得は難しく、日頃の積み重ねがモノを言う部分になっています。

これまでそうした領域はほぼ個人の自助努力に委ねる形になりがちだったのですが、今回は学習のキッカケづくりとして、ならびに日頃の取り組みに対するアセスメントとして、メンバー全員で「語彙・読解力検定」を受験することになりました。

語彙読解力検定とは


語彙読解力検定とは、言論界の雄・朝日新聞社と教育界の雄・ベネッセコーポレーション両社の共同事業として、数年に渡る研究・開発の末に実施される検定です。
「ことば」を学ぶことで、社会を読み解き、生きる力を身につけてもらいたいと願い、両社の持つアセット(資産)を活用して『語彙・読解力検定』という教育プロジェクトをスタートさせました。
との趣旨のもと、2011年6月が第一回の試験実施となりました。

お話をうかがった朝日新聞社の方によりますと、今回の受験者の中には高校など教育機関の団体受験のほか、一般の個人や企業の受験が想定していたよりも多かったとのことです。

企業の業種としては、保険会社や製造業、コールセンターなど多岐に渡ったとのことで、コミュニケーション力の養成の一環として実施される企業が多かったようです。言葉が重視されるのはあらゆる仕事の現場において共通なのですね。

検定は主に3つの大問から構成されています。
  1. 辞書語彙(外来語、漢語、中国の言葉、日本の言葉)
  2. 新聞語彙(社会、国際、経済、法政冶、科学技術、医療、生活、文化)
  3. 読解(天声人語、社説、書評)
制限時間は80分で全問マークシート方式。検定の公式テキストもひとり一冊配布で万全の準備のもと試験に臨みました。

語彙・読解力検定公式テキスト 合格力養成BOOK 2級語彙・読解力検定公式テキスト 合格力養成BOOK 2級
著者:朝日新聞社
販売元:朝日新聞出版
(2011-03-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ちなみに受験料、テキスト費用ともに会社予算からの拠出となりました。ありがとうございます。

受験してみて


ライブドアのスタッフ30名が受験したのは、
深い思考力、確かな判断力、豊かな表現力を身に付け、知識や強要の発展につなげていくために必要な「語彙力」「読解力」を測定
とされる「2級」。社会人としては一般的な水準にあたるそうです。

今回は団体登録によりライブドア本社会議室を受験会場として実施させていただくことができました。

※当日の受験風景
421
425

それでは実際に受験したスタッフの声を聞いてみましょう。
かなり久しぶりの試験勉強だったため、学生時代に戻ったようで懐かしかったです。出来に関してはあまり自信がないので、合格ラインはともかく、具体的な点数を控えていただけると嬉しいです(笑)
勉強した成果が発揮出来たかは微妙ですが、自分の知識がどれくらいか測るということに関してはいい試験だと思いました。
勉強期間が、もう少し欲しかったです。ニュースを運営する意味で、とてもいい経験になりました。
皆さんかなり謙虚に振り返っていらっしゃいます。また、
現実の時事問題に合わせたテスト内容になっており、今までにない質の高い検定だと思いました。
と検定を賞賛される一方で、
2級ってのは持っていてもプラスになりそうにないし、かといって落っこちたら恥ずかしいし……ってなわけでホントは準1級がよかったです。
と、かなりいい根性してるコメントもありました。そして…
日頃からの生き様がでますね
これは実感がこもった発言です。同じく受験させていただいた私自身、数日間の試験勉強よりも日頃の積み重ねの重要性を痛感しました。皆さんとても真面目に取り組まれたようですね!

終わりに


ちなみに、合格率は非公表とのことなのですが、主催された朝日新聞社の方のお話によれば結果的に今回の試験では当初想定より内容が難しかったとのことです。

残念ながら結果が出るのは7月中旬予定とのことで、今日ここで結果をお伝えするわけには参りません。しかし、私含めライブドアの受験生からもきっと涙をのむことになる人が出てくることでしょう。

合格者は「言葉のプロ」として当然の結果として受け止め、逆に不合格者はこの結果を糧としてニュース編集のスキル向上につなげていきたいものです。

これからもユーザーのみなさまに満足していただけるニュースを提供できるよう、スタッフ一同努力してまいりたいと思います。

ニュース編集の業務に興味をお持ちの方は、ぜひ採用に応募してみてください。

こんにちは。
女子中高生向けコミュニティサイト「デコミィ」を担当しています小田です。

rogo

「デコミィ」というのは、利用ユーザーの90%以上が10代女子で、日常のつぶやき (以下「リアル」) の投稿を中心に、自分のリアルや投稿したデコメを友達と共有したり、10代女子がさまざまな形で友達とコミュニケーションを行えるコミュニティサイトです。

社内で運営しているサイトの中では関わる人数が多く、私を含め企画・運用3名、エンジニア3名、デザイナー1名の合計7名がデコミィチームとして企画・制作・運営を行っています。

リアルを見守っていると、10代独特な思考や、視点デコミィ派生のコミュニケーションの仕方まで、さまざまな発見があります。話題は恋愛に関する悩み、お洒落について、美容とメイクについて、芸能人に関する情報など多岐にわたり、思っていた以上に大人びた発想を持っているユーザーに驚く事が多いです。

デコミィは、このような女子中高生ならではの、今だけの青春を「リアルな友達と、安心して、さまざまな形でコミュニケーションを楽しめるプラットフォームの提供」をビジョンとして掲げております。

今回は、デコミィチームが行っている運用について、事例を交えお話をさせていただきます。

サイトの安全性を向上する


リアルはブログよりも気軽に書きこめる利便性から、少なからず顔写真やメアドなど、パーソナルな情報をリアルに掲載するケースを見かける事があります。

場合によっては事件に繋がってしまうのではないか、ソーシャルサービスを提供する企業として、切っても切り離せない問題かと思います。日に数万件の記事からそれを全て検閲するのは安易な事ではありません……。

そこで先日、大きく2つの点に気をつけてサイトと管理画面の改修を行いました。

ng
  1. 「書き込みをさせない事」
    投稿させたくない言葉をあらかじめ禁止しています。運用を行う上で増えたNGワードのブラッシュアップしました。

  2. 「目視しやすくする事」
    たとえば「一晩5万でどうやねん。hoge@ドコモにメールちょーだい!」と書き込みがあったら、一晩5万でどうやねん。hoge@ドコモにメールちょーだい!」と要注意ワードをハイライトさせた環境で目視しています。
サービスを安全かつ安心して仲間と遊べる環境を整備するべくこういった取り組みは今後も工夫を重ねていきます。

デコミィならではのユーザーとのコミュニケーション


ライブドアにはユーザーからの問い合わせを専任とするサポート部隊があります。

info

それとは別に、デコミィチーム側でもユーザーと“友達感覚”でコミュニケーションを図る、inforealという公式のリアルがあります。

サポート部隊の方で、疑問や質問、要望として寄せられたメールの対応をして頂き、inforealでは最新のリリース情報を案内したり、サポート部隊へ寄せられた意見や質問に対して総括した情報を発信をしていく、というのが主だった役割です。

デコミィに多く寄せられた要望に対応したリリース情報などユーザーにとってメリットのある告知には、コメントに多くの反響を頂くこともあります。機能に対しての率直な意見や、そこからユーザーの満足度なども図る事ができます。

最近では、デコミィのマスコット「デコちゃん」と「ミィくん」について紹介したりとただの更新情報発信とは別の運用カラーが定まってきました。

CRMより、もっとずっとユーザーに近く、同じ目線で、多くのユーザーとコミュニケーションを取っています。

トラブル発生時に生まれたコミュニケーション


デコミィでは、現在新機能追加/既存サービスのブラッシュアップに注力をしています。

先日、機能改修を行った際発生したちょっと変わった不具合対応時のエピソードをお話します。

普通、不具合が発生すると問い合わせや開発ブログのコメント欄が荒れてしまう……ハズですが、inforealでは少し違っていて、不具合発生時は半数以上の応援のコメントを頂いたり、終息した時はお礼や励ましの声なども有りました。

com02
▲こんな励ましの言葉も

com01
▲機能に関する率直な感想も

com03
▲気持ちが伝わってくるお礼

もちろん不具合すぐに確認を行い、エンジニアとサポート部隊と連携し、改修と的確なフォローを行う事ができました。デコミィチームの力足らずな部分でもありますが、この時に、デコミィ独特のユーザーとのコミュニケーションをとれた事を実感しました。それを大きな成果ととらえています。

また、ユーザーのコメントを見ていると、クレームより要望や相談に近い印象があります。

それはデコミィユーザーにとってのinforealは、一般的なサイトにおける告知ページと少し異なり、例えるなら頼れるお姉さん的存在のようです。それはinforealに書き込むことへの敷居の低さ、書き込んだ内容の率直さに現れていると思います。

不具合は起こさないに越した事はありませんが、起きてしまった事に対して、迅速にどれだけフォローに回り信頼をして貰うかがユーザーと折衝する上で最も欠かしてはいけないリレーションシップだと考えています。

今回はデコミィチームの運用、特にユーザーのサポートに関する面の一部を紹介いたしましたが、運用の中で、紹介した以外にも常に新しい動きがあり、対応方法をそのときの動向にあわせながら、日々考案し対応してます。

成長期のデコミィを、ユーザーと一緒に大きくしていくべくコミュニケーションできる場所、「リアル (現実) に近い感覚でユーザー同士をつなぎ、彼女達にとってにとってのハブ」となれるように、これからも毎日の工夫と追及を行ってまいります。

ライブドアではユーザーと近い関係を築く事が出来るディレクターを募集しています。

こんにちは。takejuneです。

私の所属する新規開発グループはその名の通り、新規サービスの開発をミッションとしているのですが、サービス以外にも「新しいことを試してみる」という裏ミッションを持ちつつ仕事をしています。

その一環で、勉強会も月一回くらいのペースで企画運営していまして、これまでと違うスタイルで開催してみたところ、とてもよかったのでオープン&シェアしてみます。

こんにちは、コスプレサイトCureを運営しています乾たつみです。

001

6月12日、としまえんにてCureが企画するコスプレイベント「Cure Cosplay Festival vol.3 (以降 CureFes)」を開催しました。普段はWeb関連のディレクション、営業が主な仕事ですが、年に数回、顧客満足度を向上させる為に、コスプレイベントを開催する事があります。

コスプレイヤーは、大まかに下記の3箇所のいずれかでコスプレ写真を撮影しています。
  • 会館やビルなどの展示ホール (屋内型コスプレイベント)
  • 遊園地や公園 (屋外型コスプレイベント)
  • 撮影スタジオ (少人数での撮影会)

通常のイベントとコスプレイベントは何が違う?


コスプレイベントが通常のイベントと大きく違う点が「更衣室」と「メイクスペース」「クローク」の確保が必要と言う部分です。

コスプレイヤーは家からコスプレした格好で会場に行く事はなく、会場に用意された更衣室にてコスプレに着替えます。着替えた後には写真栄えするようにメイクも舞台ばりに大げさに施します。メイクも済めば衣装などを入れたきたカート (小型の旅行カバン) をクロークに預け、コスプレ写真を撮りに会場内に向かいます。

この「着替え」「メイク」「クローク」を上手く入場人数にあわせて用意し運営出来ることが、コスプレイベントの良し悪しを決定すると言っても過言ではありません。私たちが開催したCureFesもこの部分にかなり注力しました。

そしてもう一つ、コスプレイベントは「ステージ」を使った催し物が一般的ではありません。普通のイベントではステージにて催し物があるのが当然ですが、コスプレイベントは『巨大な撮影会』なのでステージで催し物をしても観に来る人は少ないのです。お客様がコス「プレイヤー」である為に、他人を観に来るのではなく、「自分自身」の写真を撮りにくるのが目的な為にステージを用意しても集まって来ないのです。

しかし、Cureではそれでもあえてステージを用意し、コスプレイヤーに人気のある「声優」をゲストに呼んだり、コスプレイヤーが出場出来るのコスプレファッションショーをしています。特に「コスプレファッションショー」は初め、観に来る人よりも、自分が楽しめるステージにする事に主軸をおきました。

コスプレファッションショーがコスプレイヤーの中で新しい「遊び」として根付けば、自然と観に来るコスプレイヤーは増えます。実際、第1回は2〜3人の観客数でしたが今ではステージの周りを囲むくらいに増えてきました。


コスプレイベント成功のための5ステップ


002

それではコスプレファッションショー「Cure Cosplay Collection」の準備から本番までの裏側を書いてみたいと思います。裏舞台を知らない人には「人気のあるコンテンツだから当日集めてステージに乗せればあとは自由にコスプレイヤーがやってくれる」と思われますが、下準備なしで出来るほど簡単な物ではありません。

いずれはぶっつけ本番でも、しっかり成立出来るような「遊び」に仕上げたいとは思うのですが、いまはまだショーとして成功させ育てていかないといけない時期ですので下準備は必須です。大体2ヶ月くらい前から始めます。

1. メインレギュラーの確保

ファッションショーに出るコスプレイヤーの中でも、何回かCure Cosplay Collectionに出場した経験者を揃える必要があります。全員が初めてのメンバーだとリハーサルだけで膨大な時間が必要となり、ショー前の裏方で期待より不安を覚える方が多くなります。その結果、パフォーマンスが上がらず不完全燃焼を起こし、悪いイメージが残ってしまいます。それを避けるためにも、主軸となり初心者を牽引する経験者を集めます。

2. 新規参加者募集

経験者がある程度、揃ったところで、新規でコスプレファッションショーに参加を希望する人を集めます。この新規参加者が増えれば増えるほど、新しいムーブメントとし認知されて行きますし、メインレギュラーの候補が増えることになります。

3. 予定衣装の回収

参加されるコスプレイヤーが、どの作品、どのキャラクターの衣装で出場するかを予め聞いておきます。この作業が一番時間がかかりますが、「ランウェイ」一番重要なポイントになります。

そして、コスプレファンションショーの出順を決める際で一番の懸念点が「被り」です。「被り」とは2人以上の出場コスプレイヤーが同じキャラクターを予定衣装として選択することです。予定衣装はコスプレイヤーが「この衣装でステージに臨む」自慢の衣装ですから、コスプレイヤーのモチベーション的にも、気軽に変更をお願いする事はできません。

そこで、順番を離してみたり、あえて間に関連のあるキャラクターを挟んだりして、出順を考慮します。この組み立てを誤ると、どんなに素晴らしいコスプレイヤーが出てきてもまとまりのないステージになってしまいます。

4. リハーサル

本来であれば前日や違う日にリハーサルを行えれば良いのですが、日本中から参加者が集まっているいるイベントですので、遠方の方の事も考慮して開園前にリハーサルを行います。

集合できる時間にも限界がありますし、開園の時間までに終了しないといけないので、正味1時間で60人近くのコスプレイヤーに動きを把握して頂かなければなりません。リハーサルが要領よく実行できれば8割方成功したのも同然です。

5. 本番

本番前は如何に出場コスプレイヤーの不安を取り除き、モチベーションを上げさせるかが進行の重要な仕事になります。出場者に声をかけたり、冗談を言ってみたりしながら肩の力を抜いてもらいます。

他にも舞台袖で鏡を渡してみたり、終わって袖に入ってきた出演者に「良かったですよ」と一言掛けるなどケア的な仕事も「ファッションショーに出て良かった」と出演者に思っていただける要素になります。最終的に「次もファッションショーに出てみたい」と出演者に思わせれば、成功です。


Cureはこれからも、Webでのコスプレコミュニティの運営と共に、コスプレイベントの運営にも携わってゆきます。次回、Cure主催のコスプレイベントを開催する際にはスタッフとして、一緒にコスプレ文化を創ってみませんか?

ディレクターブログ担当の渡邉です。おかげ様でディレクターブログは先日6/11で「4周年」を迎えました。そこで今回は4年間の軌跡を記事投稿数・ブックマーク数で振り返っていきたいと思います。

記事投稿数


4年間: 668記事

4年間の記事投稿数は668記事でした。大体2日に1記事投稿するペースなのですが、ディレクターの業務に関わるネタ縛りでこの頻度は結構頑張ってきた方ではないでしょうか。

2007年6月11日にスタートしてしばらくは毎日 (週5日) という鬼更新を続けてきましたが、現在はネタ・クオリティ重視の火・木の週2回更新で運営しております。

はてなブックマーク数


4年間: 50,402ブックマーク

4年間のはてなブックマーク数は50,402 (1記事あたり平均75ブックマーク) でした。年々の記事の傾向を見てみると、2008年はモバイル、2009年はSEO、2010年〜現在はスマートフォン系の内容がより多くブックマークされてきているようです。

そして、全ブックマーク数の約3分の1を獲得しているのが、下記の14記事です。





























私自身はディレクターブログに関わってまだ2年ほどなのですが、続けてきてわかったのは、継続する気持ちさえあればネタ切れの向こう側に行けるということです。

また、4年間 (震災時などを除いて) ほぼスケジュール通りに更新し続けることができたのも、スタッフ一同、ディレクターブログがスケジュール守らなくてどうする! という意地が少なからずどこかにあったからだと思っています。

今後もディレクターブログをよろしくお願いいたします!

※過去3年間の振り返り記事はこちらをご参考ください。

こんにちは。入社1ヶ月目のP子です。
前職は、女性誌の編集者をしておりました。担当は、主にファッションページ。流行を追いかける、ブランド物大好き、ミーハー女です。

ライブドアでは、結婚を目的としたマッチングサービス『youbride』の編集ディレクターとして働いております。ちょっといつものテイストとは違う内容で戸惑う人もいるかもしれませんが、今回は開発ディレクター目線ではなく、編集ディレクター目線で書かせてもらいます。

「ふざけたタイトル、婚活サイトの企画提案している人に彼氏がいない!? しかも数年も。仕事になるの?」と思った読者の方がいたらゴメンナサイ。何を言われても、私の人生の忘れ物は「恋愛」です。そんな自分が「恋愛」「結婚」を専門テーマとして、これから本格的に企画を考えていかなければなりません。

そこでまずは、今後の仕事、未来のためにも "自分の恋愛事情" を見つめ直すことが必要だと判断し、今回は「彼氏のできない2つの要因」を、私が体験した3つのエピソードを交えて考えていきます。

彼氏ができない要因1: 草食男子の増加


◆エピソード1

いつも終電がなくなると、泊まりに行く女の子の家があるけど、指一本も触れたことないよ。しゃべって寝るだけ。それがすごく楽しい!
by 27歳営業男子の日常
この人、私の家に押しかけてくる男子です。アラフォー女性にこのエピソードを話すと、「嘘つき!」のひと言で会話終了(笑)

でも、嘘ではありません。これ本当です。一体、夜中に何をしているかと言うと、ワインを嗜み、話題の映画やお互いの仕事の話、昔の思い出話をして即寝です。そして「明日の朝食は、リッツに行っちゃう!?」とか言って二人で盛り上がり、まるで女子といるかのような楽しい時間を満喫しています。下手に気を遣う、人種の違う女子といるより断然楽しめます。

<分析>
何故、年頃の男女が夜中に二人っきりなのに何も起きないかというと、草食男子の増加が挙げられます。草食男子とひと口に言っても自分のストライクゾーンの女性しか受け付けない「美食男子」や「偏食男子」。

仕事や趣味ばかりにお金と時間を費やす「自炊男子」などに分かれています。要因1のエピソードは、「美食男子」と「偏食男子」のケースに当てはまり、27歳営業男子は、私に全く性的魅力を感じないため、友人関係が成立しているというわけです。

2005062520003802d
※イメージ写真

彼氏ができない要因2: 恋愛にもセックスにも憧れを感じない


◆エピソード2

付き合うと自分の時間が減るし、いろいろ面倒くさそうだし、ストレスが溜まりそうだから友達と遊ぶか、ひとりでネットしたり漫画読んだり……
by 25歳デザイナー男子の考え
休日にカフェでランチを楽しんでいるときに、25歳男子がこんなことをぽつり。私も彼の意見に共感し、同じ思いを抱いている人がいることに安心し、その場は終了。

またこんなケースも。月2で開催される女子会で、書籍編集26歳女子が「彼氏ができたけど、日常に彼氏がいるのが不思議で落ち着かなくてやっぱり無理だと思い、別れた」とのこと。「わかる!わかる!」と女子会にいたみんなは、声を揃えて居酒屋で盛り上がっていました……。

<分析>
電通総研のウェルネス1万人調査で、「恋愛はストレスになると思う」と答えた人の割合は男女ともに20代が一番高かったという結果が出ています。このデータから20代は、恋愛やセックスに対して憧れを持っている人が少ないとも言えます。

たとえば「現実は、そんなものんだよな」とインターネットの情報だけで、わかった気になっている人が非常に多い……。自分で実行せず、ネットの情報だけで恋愛を理解する「知識先行型」や「恋愛無菌状態」が増えているように思えます。

◆エピソード3

初めて女の子の家に泊まったよ
by 25歳商社マン男子の言葉
先日、私の家でホームパーティを開催したときのこと。25歳商社マン男子は、報告があるとみんなの前で初めて女の子の家に泊まったことを告白。彼は、「一度も付き合ったことない」と隠さずはっきりと友達に言います。

「え? 恥ずかしくないの? 童貞って言っているのと一緒じゃん」と、30〜40代の男性は声を揃えて言います。しかし、20代は、自分のペースを大切にし、「人は人、自分は自分」というスタンス。逆に恥ずかしいのは、自分のことを必要以上にかっこよく見せたり、威張ったりすることだと思っています。

<分析>
昔は、縦とのつながりが濃密で、例えば、先輩が童貞の後輩に対して強引に風俗店に連れて行くなど、「性」を卒業するインフラが整っていました。しかし今は、縦とのつながりが薄くなり、「人は人、自分は自分」という考えが定着しました。よって、恋愛無菌状態に陥っている男性が増えています。

たとえば、2011年の新成人調査*で、「交際相手がいる」と回答したのは、全体の23% (男性16%、女性30%) との結果。男性の84%が「彼女なし」というわけです。さらに、「これまでに交際したことがあるか」という回答に対しては、45.3% (男性49%、女性41%) と半数近い結果。

従って、男性は2人に1人が20歳になるまで一度も彼女ができたことがないということになります。このデータから25歳商社マン男子は、特別でもなんでもなく、いわゆる今ドキの男子かもしれません。

まとめ


私は、今後、仕事でこの世代の恋愛観をもっと理解し、どうすれば楽しく恋愛をしてもらえるかを考えていきたいと思っています。というのも、この世代、「結婚したい (早く+いずれは)」という質問に対して、81.1%と高い結果*が出ているのです。
*2011年の新成人調査オーネット、ことぶき科学情報Vol.56新成人調査より。800人対象

興味があるけれど、「どうしていいかわからない」人がたくさんいるというのが事実です。今までは、女性誌の編集者として、街の人のファッションに目を光らせていましたが、今は、カフェで女性同士が話す恋バナ、カップルが話すのろけトーク、または修羅場にも耳を傾けています。そして、ネットメディアにおける「編集」の力で、日本の恋愛事情を変えていきます。

まだ、入社して間もないですが、次のブログでは、目標に向けてこんな仕事にチャレンジしていますと報告できるようにがんばっていきたいと思っています。

ディレクターブログでは私は、休日にデートに付き合ってくれる男子を募集します。

※補足
  • 彼氏がいたことは一応あります (笑) 恋愛経験は乏しいですが、仕事は真剣です。
  • 一部、データを使用していますが、あくまでP子の経験や体験、考えに基づく記事です。ただ、20代すべての人たちがこのケースには当てはまりません。恋愛体質な人ももちろんいます。
※参考文献とデータ出典

こんにちは。ジェイ・リスティングの井上です。
先日まで続いていた "ネタ本" シリーズいかがでしたでしょうか。

最後はライブドア役員のオススメ本が掲載されましたが、普段同じフロアにいるものの、本の話を聞く機会はほとんどなかったため、書評を読みながら「全く知らないけど 面白そう」とか「あー これ読もうか迷ってた本だ」「あぁ ○○さんっぽい」という新たな発見を楽しみながら必読本リストに加えておりました。

実際に読んだ方の "声" というものはとても参考になります。今回はその声をしっかりキャッチし、インプットする読書法を3ステップに分けてお伝えできればと思います。

ステップ1: 見つけた本はEvernoteに集約する


「気になる本」を見つけるという事は、なかなか難しいのではないかと思います。私自身の「気になる本」の見つけ方としては、TwitterのタイムラインやFacebook。今回の"ネタ本"シリーズのようなブログは、リスト形式で紹介されている事も多く気になる本を見つける機会が多いです。

png気になる本は Evernoteに書籍の基本情報や、書評や解説といった情報を集約する事で、Webに掲載されている関連記事や、過去に読んだ本とのヒモ付けがしやすくなるというメリットがあります。

また、保存時はできるだけ本のカテゴリ管理用としてタグの設定をし、後々データが貯まってきた段階での検索精度を上げたり、本に関しての「メモ」を残す事で、見返した際にどういう意図でこの本をクリップしたのか分かるようになります。

png

ステップ2: 他人の書評は未読時だけでなく、読後も目を通す


普段よく知っている分野では書評だけでも問題ないのですが、あまり知らない分野の本を読む際は、インプットのための準備運動として、要点を調べてから読むようにしています。

要点やレビューを知る事で、その本が自分のレベルに丁度いいかの判断がしやすくなり、実際読み進めていく際には大まかな流れを知っている方が頭に入ってきやすくなります。

また、読後さらにその本や近い分野の書評を読むこともアウトプットの質の向上に役立ちます。数多くのレビューを見るという事は、概要を何度も読む事に近いです。下記は私がよくお世話になっている書評サービスですが、こういったところで効率よく書評を斜め読みすることをおすすめします。
  • ブクペ - 本の要点まとめや、今流行っている本を知る事ができる。ビジネス系が主。
  • ブクログ - 自分が読んだ本の管理ができる。本のジャンルが幅広い。
  • 書評空間 - プロの読み手による書評ブログ。ジャンルを広げたい時に。

ステップ3: アウトプットは恐れず広く共有する


自分の書評はノートに書くだけでなく、先ほど紹介したような書評サイトで共有することが、最高のアウトプットになります。

アウトプットが多くの人の目に触れることで「自分以外の人の意見をもらえる」というメリットや、他の人のレビューと見比べて今まで気がつかなかった事に気づく可能性を得ることができるからです。

最初は時間がかかるかもしれませんが、人に伝えるために書くという事は、自身の中で内容の再確認をし、より伝わりやすい文章で書くため、自分なりに内容を完全に吸収した状態になります。

まとめ


一度アウトプットをしないと完全なインプットは出来ません。
ディレクターは幅広い知識を求められるため、自分のあまり得意でない分野にもアンテナを高くして、情報を効率よく収集する必要があります。

Webだけでもかなりの情報量になり、波に飲まれそうになる事も多いかもしれません。知識だけでは仕方がありませんが、読書はその溢れんばかりの情報を効率よく整理していくために必要な勉強でありトレーニングです。

実戦時に得られる経験値を上げるためにも、下準備として読書を確実に自身の物にしていければと思います。

こんにちは、櫛井です。
イベントディレクター軍団「section31」の謎を追う!で鮮烈なデビューを飾ったイベントチーム"section31"でございますが、実はあれからメンバーの入れ替えがありまして現在は第三期メンバーで頑張っております。
今回は、先日行われた社内の下期キックオフイベントを担当してみたのでその時の様子をお伝えしたいと思います。

「オーダー!いつもと違う雰囲気の!」


執行役員CPOに就任した佐々木さんより「FY11下期のキックオフとして、注力事業の戦略のアップデートや組織変更などについて普段とは少し違った雰囲気でやりたい」とオーダーされました。「大きな組織変更もあったことだし、不安に思っている社員もいると思うので払拭したい」というのと「プロダクトの未来を共有したい」というもので、いつもの座って聞いてるだけのキックオフとはオサラバ!ってなカンジで、夏も近いし「祭り」をイメージして開催することに。

名前も「FY11メディア事業部下期キックオフ」じゃなくて、なんかこうライブっていうかフェスっていうか聴衆も参加してる感が出るような名前にしたいと思い「Product JAM」という名前に決定。◯◯フェス、よりも朝霧JAMとかそういう雰囲気ですね。

「祭りだし、ビジョンを示して『こっちに向かって皆で行こう!』というニュアンスも持たせたいし、ここは花火をモチーフにしてポスターとフライヤー作ろう!」と、作ったのがこちらのポスター。いつもと違う感をまずは出したかった。モデルは現場担当の木原さん。



で、フライヤー裏面は案内となっております。ポスター10枚とフライヤー300枚で3万円くらい。安い。



参加している感の演出、事前の準備


半期ごとに行われるキックオフですが、数時間黙って話を聞いてるのってちょっと物足りないなーと思っていたので最近流行りの「いいね!」がプレゼンターのスクリーンに出るような演出を考えました。具体的には、
VMWareで動かしているWindowsのパワーポイントをスライドショーで見せつつ、MacのGrowlで通知される
という、なかなかトリッキーな方法になりました。結果的には失敗するのですけど画面は後ほど。

事前の準備として、スピーカーである各プロダクトの責任者たちには何度もプレゼン資料をつくり直してもらったり、会場の雰囲気やイベントで感じてほしいポイントを考えながら演出(動画や登場時の曲など)を企画したり、照明はどうするのか曲はどうするのか細かいタイミングの指示やMCの台詞などを細かく書き込んだ進行台本も用意しながらイメージを共有しました。


当日の準備、本番


事前の準備段階ではあまり多くのスタッフは必要なかったのですが、当日は細かく担当を分担しました。
・プレゼンター用PCの管理
・照明係
・音響係
・タイムキーパー
・会場全体を客観的に観る係

開場の3時間前にまずはスタッフでブリーフィング。ざっとスケジュールの確認や役割の分担をしたり。そうそう、今回からインカムを4台用意してみました。すごい便利ですね。買ってよかった。




実際の会場はこういう雰囲気。かなり大きなプロジェクターです。照明の確認やピンスポットライトの位置調整などをします。



ざっと通してリハーサル。立ち位置をバミったり。(テープで印をつけておく)



タイムキーパーがスピーカーに時間を知らせる用のカンペを作ったり。(ブレブレですね)



そしていよいよ本番。スピーカー用に用意した返しのモニターがどうしても映らなかったり、細かな部分のリハーサルが出来ていないままだけど、スタート。ドキドキな音響係の堀川さん。ほんと、照明と音は大事だから緊張しますよね…。



ついたての後ろで出番を待つ佐々木さん。なんだか嬉しそう。



そして登場した佐々木さん。画面右上に「いいね!」が見えてますが、携帯やスマホから入力された「いいね!」が何十個も同時に表示されるシステムです。盛り上がりの可視化です。



視点を変えて聴衆側。このような広い会場で250人ほどが参加しました。
ご覧のように演台は無し。小型のポインターでページめくりです。



音響&照明は抜群のチームワークで1つのミスも無く進行。インカムを使っての細かな連携が取れるのは進行上かなり有効でした。



照明係のhamashunさんは同時操作すぎて腕が6本くらいになってました



各プロダクトのビジョンが語られ、「いいね!」が押されます。そして「いいね!」されすぎてGrowlが処理しきれなくなり、このシステムは立ち上げて数分で落ちてしまうという悲しい事態に…。



「いいね!」システムの障害はさておき、プレゼンターの熱は増してゆく一方。メインであるプレゼン自体と切り離して正解。



各プロダクトからのビジョンの発表以外にも、直近でリリース予定のサービスについても3分のプレゼンタイムがありました。これはシャウリバですね。




まとめ


なんとか大きな事故も無く終了したProduct JAMですが、スピーカーの皆の熱い思いもあり当初の目標であった「各プロダクトの今後を示す」と、オーダーである「いつもと違った雰囲気で」というのは達成出来たかなと思っており、新たな一歩を踏み出すという意味合いのキックオフとしては成功したんじゃないかなと考えています。

最後に、準備期間3週間という短い期間を乗り切ったsection31のチームメンバーでお疲れ様の一枚。






ライブドアでは、ディレクターを募集しています。

東北地方太平洋沖地震から約三ヶ月。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

今回のディレクターブログでは、大震災前後の「livedoorニュース」のアクセス状況から、こうした未曾有の災害時に、どの様なニュースが必要とされ、またニュースメディアとしてどのような役割を果たしたのかを、時系列に沿って検証したいとおもいます。
※今回の記事では、実際の数値ではなく、パーセンテージやグラフで表記いたします。
 ご了承ください。


震災当日のアクセス状況


以下のグラフは、PC版「livedoor ニュース」の3月1日〜31日までのPVの推移です。

◆「livedoor ニュース」全体/先月比: 127% [増]

livedoor ニュース全体

震災当日の「3月11日」はほぼ変わらない数値ですが、これは非常にアクセスが伸びたカテゴリと、逆にアクセスが落ちたカテゴリが拮抗した結果と思われます。

また、緊急事態により、ニュース提供元の配信が一時ストップしたり、配信事態を自粛する提供元も見られましたので、そうした要因も影響しています。"震災当日はニュースよりもテレビの特報を見ていた" という意見も社内では聞かれました。

本格的にPVが伸び始めたのは、震災後の12日夜からの一週間で、「3月16日」には約2倍の数値を記録。その後緩やかに下降しますが、3月の総計では過去最高数値を記録しました。

それでは、増加したカテゴリと減少したカテゴリをそれぞれ個別に見ていきましょう。

◆「政治」カテゴリ/先月比: 175% [増]

政治

震災直後の12日は下落しているのが特徴的です。その後、菅首相をはじめとするさまざまな政治家の発言や、行動に対しての注目が集まり、3月15日には通常の約3倍を記録。

後半は福島原子力発電所の事故対応などの是非を問う話題が多く見られました。記者会見でマスコミに対応した枝野官房長官も、国内外で大きな注目を集めました。

◆「国内」カテゴリ/先月比: 170% [増]

国内

震災直後から、徐々に明らかになる各地の被害や、後に深刻さを増していく福島原子力発電所の状況など、非常に多くのアクセスを集めました。震災後の約一週間は、地震、津波、原発と段階的に被害が明らかになるにつれて、現地の被害状況が速報的に配信されました。

◆「海外」カテゴリ/先月比: 144% [増]

海外

震災から数日後、世界各国も続々と震災支援を表明。特に多額の義援金を集めた台湾に注目が集まりました。3月後半になると、福島原発の事故を受けて、ドイツなど原発推進国の政治状況も決断を迫られ、メルケル首相の発言にも注目が集まりました。

◆「経済」カテゴリ/先月比: 120% [増]

経済

震災直後の大きな変化はありませんが、輪番停電の及ぼす経済的な影響や、事故を受けて急落した東京電力株の話題になりました。また、国内外の企業による義援金の表明が相次ぎました。

◆「IT」カテゴリ/先月比: 115% [増]

IT

震災直後から、様々なIT企業が震災支援に乗り出しました。中でも「Google」の「Person Finder」や、電話が不通となった中で安否確認に大きな役割を果たした「Twitter」、海外支援のネットワークの場となった「Facebook」などが注目を集めました。

弊社も、IT情報を提供する「IT Life Hack」が、福島の避難地域情報や「IT」という切り口から様々な情報を発信し、PVは先月比166%上昇しました。

◆「スポーツ」カテゴリ/先月比: 106% [横ばい]

スポーツ

スポーツでは、相次ぐイベント中止を受け、Jリーグがいち早く開幕延期を表明。続くプロ野球は、一時は開幕の決行を表明しましたが、世論の反発などもあり結局は開幕延期が決まりました。

サッカー界は29日に「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ」は、カズの感動のゴールなどもあって、観る者を勇気づける感動的なニュースとなりました。また、海外移籍組の選手もいち早く日本へのエールをおくるなど、サッカー界の姿勢を印象づけました。

◆「エンタメ」カテゴリ/先月比: 102% [横ばい]

エンタメ

エンタメカテゴリは震災直後に一時落ち込んだ後、3月はほぼ横ばいを続けました。TVのバラエティー番組や、イベントの自粛なども相次ぎ、「エンタメ情報」よりも「国内」「政治」などのカテゴリに注目が集まった結果と思われます。

◆「映画」カテゴリ/先月比: 96% [減]

映画

映画カテゴリも3月はほぼ横ばいとなり、後述の音楽カテゴリと同じく先月比割れしております。やはり興業関係の話題は乏しく、上映中止のニュースや、映画俳優たちの寄付の話題などが多くを占めました。

◆「音楽」カテゴリ/先月比: 94% [減]

音楽

音楽カテゴリもエンタメと同じような推移ですが、3月トータルで見るとやや減少しています。震災から数日後に、泉谷しげる、Mr.Childrenの桜井和寿、AKB48、B'zらの大物アーティストが相次いでコメントや寄付を表明しました。コンサートなどのライブイベントの中止も大きく影響しました。


総合的に見ると、震災直後は被災地の状況などを刻々を伝える「国内」カテゴリがアクセスを集め、その後は「政治」カテゴリで福島原発への対応の是非を問うニュースが注目を集めました。

そして、「エンタメ」「音楽」「映画」「スポーツ」など、娯楽やリアルイベントに関するカテゴリは、著名人の寄付などの話題もありましたが興業の中止や自粛なども多く、PV的には総じて「横ばい」もしくは「微減」という状況でした。

「Web上の論壇」として様々なブロガーの意見が
交わされた「BLOGOS」


最後に、様々なブロガーがオピニオンを発信する「BLOGOS」の状況を見てみましょう。「livedoor」のニュースメディアで、最も急激にアクセスを伸ばしたのがこの「BLOGOS」でした。

◆「BLOGOS」カテゴリ/先月比: 194% [増]

BLOGOS

震災直後は一時的に下落したももの、13日以降は投稿数も増え、一時は通常の約3倍までアクセスが急増しました。結果的に、3月は先月比の約2倍のアクセスとなりました。

特に「放射能汚染」の問題については、テレビや雑誌などのマスコミの情報が錯綜する中で、専門的な知識を持つブロガーの記事や、独特の視点からの解説記事などが注目されました。

また、福島原発での事故を受けて、国内の「原発の是非」についても、賛成派、反対派それぞれが「BLOGOS」を舞台に持論を繰り広げ、正に「ブロガーのオピニオンの場」として、様々な意見が交わされ、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアにも伝播しながら、ネット上での議論を巻き起こしました。

様々な立場のブロガーが集まる「BLOGOS」では、新聞やテレビといった一般のマスメディアとは違った、幅広いオピニオンをすばやく発信することができ、今回の震災は、「インターネット」や「ブログ」の強みを活かしたメディアのありかたを感じさせる出来事でした。

最後に


今回の震災は、我々スタッフも大きな揺れに見舞われましたが、「ニュースの重要性」について改めて気付かされた出来事となりました。被災地の復興を祈りつつ、「ニュースメディア」としての役割やあり方についても、引き続き模索していきたいと思います。

こんにちわ。櫛井です。
ジワジワ人気があるという、この「ネタ本シリーズ」。トリを務めますのはライブドアのメディア事業に関わっている執行役員と社長です。リストアップしてもらってから個人的に買ってみた本が多数です。
では、どどーんと10冊をどうぞ。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき


イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
著者:クレイトン・クリステンセン
販売元:翔泳社
(2001-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CPO 佐々木大輔

成功体験をもった企業からは、なぜ新たなイノベーションが生まれにくいのか? そのジレンマをどうやって打ち破るのか?ということに迫った研究書。賞味期限の長いビジネス書の名作で、すごく参考になります。


7つの習慣―成功には原則があった!


7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
著者:スティーブン・R. コヴィー
販売元:キングベアー出版
(1996-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CPO 佐々木大輔

これだけ読んでいれば他は一切読まなくていい、と言われる自己啓発本の父みたいな本。自己啓発本には興味がなさそうな人でも、聞いてみると実は読んでたりする、というそんな本です。自分も大いに参考にしました。


プレゼンテーションzen


プレゼンテーションzenプレゼンテーションzen
著者:Garr Reynolds
販売元:ピアソン桐原
(2009-09-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CPO 佐々木大輔

何度か人前でプレゼンテーションをした経験のある人なら (そしてもっとうまくなりたいという意欲がある人なら)、一度読むだけで一気にレベルがあがる即効性のある本。これを読んでからは、人前で話すのが楽しみになりました。


東京いい店やれる店

東京いい店やれる店東京いい店やれる店
著者:ホイチョイプロダクションズ
販売元:小学館
(1994-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CMO 高岳史典

オススメを一冊だけといわれれば、これ! グルメ本の古典「東京いい店うまい店」をパロったタイトル通り、とにかく女性といかにうまくデートするかに焦点を置いた名著!そう言うとただの軽いナンパ本に思えますが、実際「女性を喜ばせる (口説く)」ためには単なる美味しさだけではダメで、ロケーション、スタッフ、お店の持つストーリー等、様々な要素が必要になるわけで。

その意味で、ガイドブックとしても各店に対する掘り下げが巷のグルメ本とは比べ物にならない素敵な本です。(載ってる店はバブル期末期の店が多いので今はなかったりするけど) 想像つくと思いますが、拙ブログ「一期一会」はこの本へのオマージュとして記し始めましたw


そんなマーケティングなら、やめてしまえ!


そんなマーケティングなら、やめてしまえ!―マーケターが忘れたいちばん大切なことそんなマーケティングなら、やめてしまえ!―マーケターが忘れたいちばん大切なこと
著者:セルジオ ジーマン
販売元:ダイヤモンド社
(2000-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CMO 高岳史典

ビジネス直でいうとこれ!
これはもう自分のブログで1回紹介しているのですが、いちおう話すと、プロのマーケッター (実際にマーケットで戦って、継続的に勝利を納めたマーケッター) が著しているマーケティングの本は少なくて、逆に言えばマーケティングの本は、本当にこれだけでいいと思う。


ハッカーと画家

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たちハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
著者:ポール グレアム
販売元:オーム社
(2005-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CTO 池邉智洋

ちょっと極端な主張も多いですが、エンジニアはもちろん、エンジニアと仕事をする全ての人にもおすすめ出来る本。エンジニアは何を考え、どう生きたいと思っているのか、その価値観を理解する事でコミュニケーションがうまくとれるようになるかもしれません。


教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書
著者:ばるぼら
販売元:翔泳社
(2005-05-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者: 執行役員 CTO 池邉智洋

学生時代、 毎晩テレホタイム突入と同時にインターネットに繋いでいた頃がよみがえる一冊。単なる懐古趣味では無く、インターネットの楽しさの真髄って実は昔から変わっていないという事が分かります。これから Web サービスを立ち上げたいと思っている若い人も一回読んでおくといいかも。


野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方

野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
著者:野村 克也
販売元:角川グループパブリッシング
(2008-08-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者:執行役員 メディア事業部 事業部長 小久保知洋

1冊選べと言われたらこれ。
他のどのマネジメント本よりもドキっとさせられた本です。インターネット業界のマネジメント現場では、とても個性的で多様なスタッフをモチベーション高く、かつ組織的に機能するようにしなければいけません。また戦況が非常に早いスピードで変わるため、戦術も柔軟に変えていかなければならないという側面もあります。団体スポーツの監督業はまさにこの極みだと思っており、この本に限らず、参考になることが多いです。この本の中の「組織はリーダーの器以上に大きくならない」「鈍感は最大の罪である」という言葉は今でも心に残っており、常に心がけるようにしています。


イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
著者:安宅和人
販売元:英治出版
(2010-11-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者:執行役員 メディア事業部 事業部長 小久保知洋

2冊だったらこれ。
"良いイシューとは「答えを出せる範囲でもっともインパクトのある問い」である。
当たり前のようですが、非常に本質的な言葉だと思います。私たちは普段、膨大な情報を摂取してますが、本当に考えるべき問いというのは意外に少ないものです。「自分の頭で考える」とはどういう事なのか?目からウロコの一冊なので、知的産業で戦うみなさんにおすすめです。


失敗の本質


失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
著者:戸部 良一
販売元:中央公論社
(1991-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

◆推薦者:代表取締役社長 出澤 剛

第二次大戦中の日本軍の6つの大きな失敗した作戦の分析を通して、現代の会社組織にも通じる「失敗の本質」をあぶりだす内容です。
震災後話題になっていて、なんとなく読み始めたのですが、自分や会社と照らし合わせてかなり身につまされる内容が多く一気に読みました。マネジメントに興味のある方におすすめです。



以上、どれも読み応えのありそうな10冊でした。社長の出澤は社内では有名な読書家であり歴史好きなのですが、あえて1冊に絞って挙げてもらったので早速読んでいるところです。

上司や尊敬しているお偉いさんとの共通の話題として「あの時に紹介されてた本読みました!」と話しかけて感想を伝えてみたりするというのは、ベタすぎるかんじではありますが鉄板なので是非お試しください。

ネタ本シリーズは様々な部署で書いています。ご興味のある方は他の記事もどうぞ。